供花の意味・読み方・送り方・お礼は?正しい供花の作法を解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「供花」とはどういうものか、意味はご存知でしょうか?

弔事に関する言葉は仏教が元になっているものが多く、読み方が特殊だったりしてちょっと分かりにくいですよね。

この記事では最初に、「供花」という言葉の意味や読み方について解説いたします。

 

そして供花の数え方や種類、どこに・誰に・どうやって送るのかなど、供花の基本をお伝えします。

また、供花の相場や札名の書き方、辞退していたときの対応、受け取ったときのお礼の仕方についても詳しく見ていきましょう。

「供花」の意味を知り、正しい作法を身に着けていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.「供花」の読み方や意味は?一基とは?

2.供花の種類にはどのようなものがある?

3.供花の注文の仕方や注意すべき点は?

4.供花の札名のマナーは?

5.供花の値段はいくら?供花代とは?

6.供花をいただく場合の作法は?

7.仏教に関する植物の豆知識をご紹介!

8.まとめ

1.「供花」の読み方や意味は?一基とは?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

「供花」とはどういったものでしょうか。

読み方や意味、数え方を見てみましょう。

 

1.1 「供花」の読み方はいくつかある

「供花」は「きょうか」「くげ」または「くうげ」と読みます。

また、共華とも書きます。

 

1.2 「供花」とはどんな意味?

供花は、広い意味では仏や死者に花を供えることです。

古来、人は死者に花を手向け弔ってきました。

 

一説には人の祖先であるネアンデルタール人にも花を手向ける習慣があったと言われています。

現代日本の弔事では、葬儀の際に弔意を表すために送る花を「供花」、仏壇に飾る花を「仏花(ぶっか)」または「供花」、お墓にお供えする花を「仏花」と呼んでいます。

仏花は辞書では「ほとけばな」と読み、彼岸花のこととなっていますが、仏壇やお墓にお供えする花を仏花と呼ぶのは生花店などでよく見かけますから、世間一般的な使われ方のようです。

 

この記事では、仏壇にお供えする供花ではなく、通夜や葬儀の際に送る「供花」について解説していきたいと思います。

通夜や葬儀の際に送られた供花は、葬儀社や生花店によって祭壇の周りに飾られ、送った方の札名をつけます。

供花は飾られた後、別れ花として棺に入れられたり、持ち帰ったりすることもできます。

地域によっては、葬儀担当者から「お持ち帰りください」とアナウンスがあったりします。

 

1.3 供花の数え方は?

供花は「一基」「一対」と数えます。

1つだと「一基」、同じものが2つだと「一対」です。

一対送られてきたら、祭壇の左右同じ場所に並べます。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket