供花の意味・読み方・送り方・お礼は?正しい供花の作法を解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

4.供花の札名のマナーは?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

供花には、誰が送ったのか分かるように札名が書かれた板をつけます。

これを「芳名名札」と言います。

この章では、芳名名札の札名の書き方について見ていきましょう。

 

4.1 基本的な札名の書き方は?

個人で送るときはフルネームを書きます。

故人と共通の学校やサークル・会などに入っていた場合は、先にその会の名称を書いてから、真ん中にフルネームを記載してください。

 

供花で多いのは、「~一同」などまとめて連名で送るやり方です。

「子供一同」「孫一同」「親戚一同」「兄弟一同」「友人一同」などが多くみられます。

「兄弟一同」「甥姪一同」などが使われることもあります。

こちらも同様に、故人と共通の団体名があればそれを先に書きます。

 

会社名義で供花を送る場合は、「〇〇株式会社 代表取締役社長 △△」といった書き方です。

勤務先の部課でまとめて出すときは、「〇〇株式会社 営業部一同」などのように書きます。

 

一同という形でまとめたときは、供花代の封筒に全員の名前を書いた紙を入れておくのもよいでしょう。

また、札名の上に「供」または「御供」をつける場合もあります。

 

4.2 複数の札名を並べたいときは?

芳名名札に複数の札名を並べたいとき、つまり連名にしたいときには、肩書きや年齢が上の方から順番に書いていき、特に順番のないときは五十音順とします。

上記と同様、共通の団体名があればそれを先に書いてください。

芳名名札に並べて書ける人数の限界は、3~8名までとなります。

 

4名以上だと2段・3段で書き、文字がかなり小さくなります。

供花を依頼するところによっても書ける人数が違いますので、確認しておきましょう。

大勢のときは「一同」としてください。

 

4.3 夫婦で供花を送る場合は?

夫婦で供花を送るときは、夫の名前のみをフルネームで書くのが一般的です。

その理由は、夫婦両方の名を書くと離婚や別居しているのではないかと思われるからだそうです。

 

日本では家を一つの単位として、そこから一つの供花を出すという考え方をしています。

したがって、家の代表者の名前のみ書けばよいとされているのです。

また、苗字を一つ書いてその下に夫と妻の名を書くという方法ですと、関係性が分からない場合、兄弟だと思われる可能性があります。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket