供花の意味・読み方・送り方・お礼は?正しい供花の作法を解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

5.供花の値段はいくら?供花代とは?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

供花を送るときに、いくらくらいにすればいいのか、悩みますよね。

ここでは平均的な相場や、一基と一対どちらがよいのか、お香典と供花は両方出すものなのかどうか、それと供花代とはどういったものかについてお伝えします。

 

5.1 全国的な平均は?

供花の値段は、一基7,000~20,000円くらいが相場です。

全国的な平均は15,000円ほどとなっています。

関東では喪主が供花を出す慣習がありますが、喪主は一番高い供花を出し、その他の方はそれより安い供花とするのがマナーです。

 

また、喪主は一基でなく一対になります。

喪主が供花を出すかどうかは地域性によるものが大きいです。

 

家族葬などで供花が少ない場合は、葬儀社から「出した方が会場が華やかになります」と勧められることも多いようです。

喪主や遺族は本来供花を受ける側ですから、出さなければならない決まりはありません。

出すかどうかは、喪主や遺族・親族間で話し合って決めると良いでしょう。

 

5.2 一基と一対、どちらがよい?

以前は一対を送るのが一般的でしたが、最近では一基で送ることが増えてきています。

特に故人と血縁関係のない会社関係などは通常一基です。

例外としては先ほどお伝えしたように、喪主は一対出すのが基本となります。

また、会場に供花が収まりきらない場合など、一対出したくても出せないことがありますから、葬儀社に確認してから手配した方がよいでしょう。

 

5.3 お香典と供花、両方出しても良い?

お香典と供花は、両方出すことができます。

そのときは供花の金額は少し控えめにした方がよいでしょう。

しかし5,000円くらいの供花だと見た目が淋しくなってしまいますので、その場合は供花をやめてお香典の金額を少し多くしてもよいかもしれません。

 

5.4  供花代とはどんなもの?

供花代(お花代・供花料)には、二通りの意味があります。

一つは依頼したところに支払う供花の代金のことです。

これは支払い方法に従って振り込んだり、お渡ししたりすればよいでしょう。

 

もう一つは、葬儀が終わったあとに訃報を知ったときに、お香典を「お花代」という形で送ることを言います。

白い封筒に「御花代」と書いてお香典相当の金額を入れてお渡ししてください。

送るときは現金書留の封筒を使い、同じく「御花代」と書かれた白い封筒に現金を入れたものと、お悔やみの言葉を書いた便箋を一枚入れましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket