供花の意味・読み方・送り方・お礼は?正しい供花の作法を解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

7.仏教に関する植物の豆知識をご紹介!

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

では最後に、仏教に関する植物の豆知識をご紹介しましょう。

知っているようで知らなかった、仏教と植物との関わりをご覧ください。

 

7.1 彼岸花はお墓の花?

彼岸花はその真っ赤な血のような色から「死人花」「地獄花」とも呼ばれ、あまり縁起が良くないイメージがあります。

彼岸花にはアルカロイド系の毒物が含まれるために、「持ち帰ると火事になる」「摘むと手が腐る」「摘むと死人が出る」と言われて子供に触れさせないようにしていたのだそうです。

また、その毒性物質のためお墓の近くに植えられ、死体をネズミやモグラなどが荒らすのを防いだと言われています。

 

その一方で、アルカロイド系の毒物は水で毒性を抜くのが容易なため、彼岸花は非常食として重宝されていたのです。

彼岸花の球根はでんぷん質が多く、田んぼのあぜ道などに多く植えられました。

日本ではこのようなイメージですが、彼岸花は別名「曼珠沙華」と呼ばれ、インドでは吉兆のシンボルです。

仏陀が大乗仏教を説いたときに、天上から降り注いだ花の一つが曼珠沙華(彼岸花)だったと、法華経には記されています。

 

7.2 蓮が仏様の花なのはなぜ?

仏様が蓮の上に乗っている彫刻や絵を見かけることは多いですよね。

なぜ蓮の上に乗っているのでしょうか?

 

仏教以前の古代インドの神話では、ヴィシュヌ神のへそから蓮の花が伸びていき、そこから創造神のブラフマーが生まれたとされています。

そしてその蓮の花の上にブラフマーが座って宇宙を創造したのだそうです。

その流れで仏教でも、蓮華座に仏様が座ることになったと言われています。

 

阿弥陀経では、極楽には蓮の花が咲いているとの記述があります。

また蓮は、泥の中から綺麗な花を咲かせることから、人生や仏教の教えの象徴として語られることもあり、そうしたことからも、仏教とは関係の深い花と言えるでしょう。

 

ところで蓮と似た植物には「睡蓮」がありますね。

これは蓮とは別の植物で、睡蓮はスイレン科、蓮はハス科なのです。

花や葉などよく似ているのですが、葉に切れ込みや光沢のあるのが睡蓮、葉に切れ込みがなく、水をはじいてころころとした水滴がころがるのが蓮です。

古代エジプトでは睡蓮が神聖な花とされていたそうで、似たような花が崇められるのはなんだか不思議ですね。

 

7.3 沙羅双樹の花の色は?

平家物語の始まりに「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者心衰の理をあらわす」という一節がありますね。

この「祇園精舎」ってなんなのでしょう?

そして「沙羅双樹の花の色」が「盛者心衰の理をあらわす」ってどういう意味なのでしょうか?

 

「祇園精舎」とはスダッタという資産家が、ブッダやその弟子たちのために建てたお寺です。

北インドのシュラーバスティーの南には、このお寺の旧跡が残されています。

 

沙羅双樹についてですが、仏陀が亡くなるときには2本の沙羅双樹の木の間に横たわったと言われています。

そして仏陀が息絶えると、沙羅双樹の淡黄色の花は白くなって枯れたのだそうです。

その伝承から、「盛者心衰の理をあらわす」となったのだと言われています。

 

ところで日本では、沙羅双樹は気温が低いために育たず、夏椿という木を代わりに沙羅双樹と呼んでいます。

椿の花は赤がよく知られていますが、夏椿は白です。

そしてこの花は寿命がたったの一日で、朝咲いて夜には落ちてしまいます。

椿は花がまるごと落ちてしまうことで有名ですが、その姿と寿命の短さからはかなさを感じ取り、平家物語の一説に結び付いたとも考えられています。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket