供花を送る・受け取る時のマナー/基本から小さな疑問まで徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

4.連名で送るとき・辞退しているときのマナーは?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

供花は個人よりも、むしろ連名で送ることが一般的ですね。

また最近では、家族葬のためお香典や供花を辞退する喪家が多くなっています。

ここでは連名で送るときの名前の書き方や並べ方と、家族葬と供花について解説いたします。

 

4.1 連名ではどうやって送る?

連名で送る場合に札に書く名前は、「友人一同」「孫一同」などとまとめます。

まとめずにそれぞれの名前を記入する場合は、3名くらいまでとし、肩書きや年齢順に右から書きます。

特に順番がないときは、五十音順でもよいでしょう。

3名を超える場合には、供花料の封筒に全員の名前を書いた紙を入れておきます。

 

また、供花の他にお香典も包むときは、お香典はできれば連名でなく個人の方がよいでしょう。

特に一人当たり3,000円以上になるのであれば、それぞれで包むのが一般的です。

 

なぜお香典は連名にしないのかというと、参列した方全員に会葬返礼品を配っていたり、最近では香典返しを葬儀の当日にお渡ししたりすることが多いことなどがその理由です。

連名の方一人に一つずつお返しするのでは喪家の負担金額の方が大きくなる可能性がありますし、かといって数が足りない場合、分けることのできる品でないと困ってしまいますよね。

とはいえ、職場の部署などでまとめてお香典を用意するのはよくあることだと思います。

その場合は香典返しを辞退する旨を封筒の裏面に記載するのも、ひとつの方法です。

 

4.2 家族葬では供花を送ってよいの?

家族葬では、お香典を辞退していることがあります。

そんなときはむしろ、供花で弔意を表すのがよいのです。

お香典を辞退していなくてももちろん、供花を送ることができます。

 

4.3 供花を辞退していたら?

供花を辞退している場合は、送るのは止めておきましょう。

特に家族葬では、お香典や供花を辞退していることがあります。

身内のみで執り行いたいという遺族の意向を大切にしましょう。

 

しかしお香典も供花も辞退していて、でも弔意を示したいこともあるかと思います。

そういった場合には遺族の許可をとって後日、弔問に行くのが良いです。

そのときには5,000円くらいまでの金額で、「お線香代」といった形で弔意を表しましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket