供花の手配をする際に知っておくべきマナー・相場・基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

葬儀について知らないことは多いものですが、特に供花について詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

必ず用意しなければいけないもの、というわけではありませんが、供花は遠方で葬儀に出席できない場合や、香典が辞退されている葬儀において弔意を表すことのできる方法です。

 

しかし、いざ供花を手配しようとしたときに、その手配方法についてはほどんとわからないことが多いのではないでしょうか。

この記事では、供花の意味と、知っておくべきマナーや相場、手配する際の基礎知識について詳しくご紹介します。

これを読めば、必要な場面でも、どうやって供花を手配すればよいか、ご自身でしっかりと判断できるようになるでしょう。

 

供花とは深いお悔やみの気持ちを表し、故人の祭壇を華やかに彩ることができるものです。

この記事を読んでしっかりとした知識を身に付けていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.供花の意味と種類をご紹介!

2.供花の手配方法➀ 基本はこれ!

3.供花の手配方法➁ 自分でお花を選ぶ場合

4.知っておきたい!供花の相場

5.供花を手配する際のマナー4つ

6.宗教によって異なる供花

7.今さら聞けない!3つの疑問

8.まとめ

1.供花の意味と種類をご紹介!


出典元:https://en-park.net/

 

葬儀に欠かせないものとして供花があります。

供花にはどういった意味があるのか、そして誰が贈るものなのかについてご説明します。

また、供花の一般的な4つの種類についてもご紹介します。

 

 1-1供花とは


出典元:http://www.saijosougi.com/

 

供花とは、葬儀の時にお悔やみの気持ちを込めて贈るお花のことです。

故人の死を弔い、式場や祭壇を飾る意味合いがあります。

 

祭壇がたくさんのお花で飾られていることは、故人を送り出す儀式に欠かせないものであり、悲しみの中にいる遺族の心を慰めてくれる大切な役割を果たしています。

参列者が必ず用意する必要はありませんが、弔意をより表すという意味では有効なものです。

 

1-2誰が贈るもの?

誰が贈るものという決まりはなく、贈りたいと思った人であれば誰でも贈ることができます。

一般的には、遺族や親族に加えて、故人と親しかった人が贈ることが多いです。

個人で贈ることもできますが、会社や友人、親族などで共同で贈ることが多いようです。

 

親族たちは「喪主」「兄弟一同」「孫一同」「親族一同」として、共同でお花を贈るのが主流です。

友人たちも、「友人一同」として贈るケースもあります。故人の会社関係者が、お花を贈ることもあります。

共同で贈る場合、故人に近しい人が取りまとめをしていることがありますので、供花の手配をする前に、一度周囲の人に連絡をして相談をしましょう。

 

1-3遠方等で参列できない場合に、弔意を表す意味もある

供花は、遠方の場合や仕事の都合などで葬儀に参列ができない人が、弔意を表す方法でもあります。

遺族の意向で香典が辞退されている場合にも、香典の代わりにお悔やみの気持ちを表すために供花を贈ることがあります。

一般的には、親族や故人と親しい友人、会社関係者などが供花を贈ることが多いようです。

 

1-4供花にはこんな種類がある!

供花は、大きく分けて4つの種類があり、フラワースタンドやフラワーアレンジメント、籠アレンジ、そしてブリザーブドフラワーがあります。

 

出典元:https://www.i879.com/

 

フラワースタンドは祭壇の左右に置かれ、一番ボリュームのある供花です。

一般的には、遺族や親族、会社関係者などが贈ることが多いです。

場所を取るので、葬儀式場にある程度のスペースがあるかどうかを事前に確認しておくといいでしょう。

 

出典元:https://www.i879.com/

 

フラワーアレンジメントです。フラワースタンドに比べると比較的安価になります。

 

出典元:https://www.i879.com/

 

籠アレンジです。籠タイプも、フラワースタンドに比べると比較的安価になります。

 

出典元:http://www.hibiyakadan.com/

 

プリザーブドフラワーです。

供花は基本的に生花を使いますが、プリザーブドフラワーは生花を特殊な技術を用いて加工したものです。

水やりをせずに、お花の色合いや風合いをそのまま2~3年は保つことができます。

 

ただし紫外線に当たると色あせてしまうので、直射日光の当たらないところに置くように気をつけましょう。

湿気や乾燥にも注意が必要ですので、エアコンの風が当たる場所は避けて飾ります。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket