供花とは?紛らわしい枕花、花輪、献花の3種との違いを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

3. 供花と花輪はこんなに違います

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

供花が葬儀の際にお供えする花であるとしたら、花輪との違いはどうでしょうか。

花輪も葬儀に飾られる花ですが供花とは言わないのでしょうか?

 

3-1.花輪とは?

花輪とは、お通夜や葬儀の際に会場の周辺に飾る花です。

外に飾るということもあり頑丈な造りになったものでプラカードのような役割も持たされています。

一時期多くの葬儀で見かけましたが最近は花輪を飾る地域とほとんど飾らない地域に二極化している傾向にあります。

 

また花輪は外部に設置することから悪天候や風雨にさらされることになります。

そのため花輪には造花などが使われることが多くなっています。

 

3-2.花輪はいつどこに飾るもの?

花輪はお通夜や葬儀場の玄関や入り口周辺に儀式を執り行う前後の期間で飾ります。

最近は大規模な葬儀施設が利用できるようになっており、そうした大きな葬儀用のホールでは花輪を祭壇の周辺に設置できるようになっています。

やはり花輪といっても葬儀場の外にあるよりは祭壇の近くにあった方が好ましいと考えられています。

 

花輪の飾り方としては、葬儀会場に近い位置から贈り主と故人との関係が深い順番で設置していきます。

花輪の見た目の良し悪しや、大きさの大小の順番ではありませんのでマナー違反とならないように注意が必要です。

通常は花輪の並んだ見た目が違和感の無い様に、花輪を設置する葬儀業者が贈り主と花輪のサイズなどを調整してくれます。

 

3-3.フラワースタンドは供花か花輪か?

ややこしいことに最近では「フラワースタンド(供花スタンド、花スタンド)」といったものがあります。

フラワースタンドは祭壇に飾るのではなく、祭壇の左右または片側にフラワースタンド専用台を設けて飾り付けるものです。

葬儀会場の部屋入り口に設置する会場もあります。

 

ほぼ見た目は花輪といってもおかしくない上に、最近では花輪も会場内に設置されることがあることからフラワースタンドと花輪の区別は難しくなっています。

葬儀業者のメニューをみても供花とフラワースタンドが同じ扱いであったり、フラワースタンドと花輪が同じものになっていることがあるくらいです。

 

3-4.供花と花輪の違いまとめ

供花とはお通夜や葬儀・告別式の祭壇に飾る生花です。

花輪とはお通夜や葬儀・告別式の会場周辺に飾る花ですが、大きな会場では内部でも花輪を飾ります。

フラワースタンドは供花とも花輪ともどちらとも取れるものです。

 

厳密に区別する必要はすでになくなっているのかもしれませんが、現状では以下のように理解しておけば良いでしょう。

お通夜や葬儀・告別式の祭壇に飾る生花は供花

お通夜や葬儀・告別式の祭壇周辺や会場内に飾る生花はフラワースタンドか花輪

お通夜や葬儀・告別式の会場の外部周辺に飾る花は花輪

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket