枕花のマナーとは?注文の仕方・金額・お返しの作法などをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

通夜や葬儀には、生花がつきものです。

昔から人は、死者に花を手向け、お悔やみの気持ちを伝えてきました。

そんな通夜や葬儀に関する花にはいくつかの種類があり、枕花はその中の一つです。

 

この記事では、枕花とはどういったものなのか、意味や読み方、種類等をお伝えし、さらに注文の仕方や金額、お返しはどうするかなどの枕花のマナーを詳しく解説していきます。

枕花のマナーについて、この記事で疑問点を解消していただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.枕花の読み方や意味は?

2.枕花の種類にはどんなものがある?

3.枕花の送り方のマナーの基本は?

4.枕花を注文するときの流れやポイントは?

5.枕花の相場はいくら?

6.ネットのお勧め花ギフトをご紹介!

7.枕花をいただいたときのマナーは?

8.一本花やその他の葬儀の花を知ろう

9.まとめ

1.枕花の読み方や意味は?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

最初は、枕花の読み方や意味から見ていきましょう。

また、枕花の数え方や供花との違いについてもお伝えします。

 

1.1 枕花とは?読み方や意味を知ろう

「枕花」は、「まくらばな」と読みます。

枕花は、通夜までの間に、故人の枕元に置くフラワーアレンジメントのことです。

 

故人と血縁関係だったり、特に親しかったりした方などが送るのが一般的です。

会社関係の方でも、プライベートで親しくしていた場合などは個人名で枕花を送ることがあります。

また、遺族が枕飾り(8.1を参照)と一緒に用意することもあります。

 

1.4で解説いたしますが、「供花」は目立つように名札をつけて誰が送ったのかわかりやすくしています。

しかし枕花はメッセージカードをつけるものの、名前を入れる必要はなく、供花よりももっと身内的・私的なものです。

枕花を送ることには、故人への哀悼の意を表し、遺族の気持ちに寄り添う意味合いがあります。

また、花には人の心を癒す力があり、遺族だけでなく死者の魂を慰める役割も持つのです。

 

1.2 枕花の数え方は?

枕花は一つで一基、同じものを2つで一対と数えます。

 

1.3 供花とはどう違うの?

供花は枕花とは違い、故人と血縁関係の方や親しい方、友人・知人、会社関係の方などどなたでも送ることができます。

供花も弔意を表し、故人の魂や遺族の気持ちを慰める役割がありますが、その他に葬儀会場を飾る意味合いもあります。

また、送った方の名前を書いた名札を立て、どなたが送ったのかはっきりとわかるようになっており、枕花よりは世間体を意識していたり、弔意を遺族や参列者に知らしめたりするニュアンスのある花です。

 

飾られる場所は故人の枕元ではなく、主に祭壇の周りですので、自宅ではなく葬祭場に送られます。

枕花は篭アレンジメントなどですが、供花はスタンドフラワーなど大きめのアレンジが多いです。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket