枕花のマナーとは?注文の仕方・金額・お返しの作法などをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2.枕花の種類にはどんなものがある?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

花を送るときに、どういった花を使うのか、アレンジはどうするのかといったことはとても重要ですね。

特に弔事ではマナー上、花の種類が限定されることが多いです。

この章では、仏式・神式・キリスト教式での花の種類や、アレンジの種類、造花・プリザーブドフラワーが枕花として使えるのかどうかについて解説いたします。

 

2.1 一般的に枕花に使われる花とは?

日本では、葬儀は仏式で行われる場合がほとんどです。

その仏式の葬儀で一般的に使われる枕花は、白一色か、白い花+ピンクや紫、黄、水色などの色花という組み合わせが多いです。

地域によっては、四十九日までは白上がりといって、白一色の花を送る習慣があります。

 

また、お葬式というと和菊をイメージしますが、篭アレンジメントでは洋花がよく使われます。

しかし和菊のアレンジメントもありますし、希望する花の種類のアレンジメントにできるサービスもあります。

使われる花の種類は、ユリやトルコキキョウ、カーネーション、ピンポンマム(洋菊)、胡蝶蘭などです。

これらは弔事によく使われる花でもあります。

 

枕花はプライベートな意味合いが強いので、こうした種類にとらわれずに、故人の好きな花を選ぶことも多いようです。

例えばバラはとげがあるとして敬遠されてきましたが、故人が好きであったなら構わないという風潮に変わりつつあります。

形式にこだわらずに、好きな色や好きな花を故人のそばに置くのも供養の新しい表現の仕方と言えるでしょう。

 

2.2 神式やキリスト教式での枕花とは?

神式での枕花は、榊と和菊でのアレンジメントが多いです。

また、白と紫が尊い色とされており、その組み合わせが好まれます。

 

キリスト教式では、仏式とほぼ変わらない花の種類でアレンジメントが作られますが、和菊は使われません。

白いユリは聖母マリアの象徴なので、多く用いられます。

 

2.3 枕花のアレンジの仕方は?

枕花のアレンジは、篭アレンジメントという形が多いです。

葬儀の祭壇の横や、お祝い事のときに会場入り口に背の高いお花(スタンドフラワー)が供花として置いてありますが、あのような大きなアレンジはしません。

特に自宅に送られた枕花は、そのまま葬祭場に持ち込むこともありますので、持ち運びのしやすい篭アレンジメントが選ばれるのです。

 

2.4 造花やプリザーブドフラワーは使える?

枕花には基本的には生花を使い、造花は使いません。

遺族に寄り添い、故人の魂を慰めるのが枕花の役割ですから、造花よりは生花の方がやはりその目的にはかなっているのではないでしょうか。

 

プリザーブドフラワーは花を加工して、長く美しい姿を保てるようになっているものです。

最近では香りを後付けしたりもしていますね。

 

プリザーブドフラワーの特徴は、加工しやすくするために茎をほぼ切ってしまうことです。

ですから見た目は小ぶりで可愛らしい印象で、加工費がかかるため生花よりは高くなります。

枕花として使用したあとに、長く置いておきたい場合に選ぶとよいでしょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket