枕花のマナーとは?注文の仕方・金額・お返しの作法などをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

8.一本花やその他の葬儀の花を知ろう

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

枕花以外にも1.4で解説した供花など、葬儀にはさまざまな種類の花があります。

この章では、「一本花」「献花」「花輪・樒(しきみ)」とはどういったものなのかをお伝えしていきましょう。

また、一本花と枕花の違いについても解説いたします。

 

8.1 一本花と枕花はどう違う?

一本花とは、枕飾りに一輪飾られる花のことです。

枕飾りとは、亡くなられた方を自宅に安置しているときに、そのそばに置く簡易な祭壇のことを言います。

これはお通夜までに自宅に駆けつけた方のために、お線香をあげられる台を準備しておくという意味合いがあります。

 

枕飾りは小さめの台の上に白い布をかけ、香炉・燭台・おりんなどを置き、一本花または樒(8.3で解説いたします)・一膳めし・お団子などをお供えするのが一般的です。

準備はたいていの場合葬儀社がしてくれますので、一本花は遺族が費用を出すことになります。

つまり一本花も枕花も故人の近くに置かれる花ですが、一本花は遺族が祭壇のために準備する花で、枕花は故人と特に近しい方が弔意を表すために送るものという違いがあるのです。

 

8.2 献花とはどんなもの?

通夜や葬儀での献花は「ご霊前に花を供えること」で、お別れの会や慰霊祭、キリスト教式での葬儀のときに行われるものです。

カーネーションやユリ、菊などの花を一輪受け取り、献花台に供えます。

キリスト教式では次のような手順で行います。

 

①自分の順番になったら、祭壇に向かう

②遺族に一礼し、係から花を右にして両手で受け取り、祭壇に向き直る

③祭壇に向けて一礼し、茎の方が祭壇を向くように持ち変えて献花台に花を置く

④黙とうを捧げ一礼、遺族に向かってもう一度一礼してから席に戻る

 

8.3 花輪や樒とは?

今ではだいぶ少なくなってきた葬儀の習慣に、花輪や樒(しきみ)があります。

この章の最初にあるイラストが「花輪」で、弔意を表す方法の一つであり、関東で送られることが多いものです。

開店祝いなどで見かけたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

通夜や葬儀では、イラストのように白や黒、紫などの地味な色合いです。

3mほどの高さのあるもので造花で作られており、自宅や葬祭場の外に置かれます。

供花と同じように、連名で依頼することが多く、下の足のところに「子供一同」「親族一同」など名前が入ります。

 

最近では自宅で葬儀を行わなくなったこと、花輪を禁止している葬祭場が多いことなどからあまり使われなくなりました。

また、花輪の代わりに印刷された「ポスター」を使い、御供花料を包むという方法もあります。

 

「樒」は関西で仏前に供えられることの多い植物で、中部以西に分布しています。

葬儀などでは一本花として使われるほか、弔意を表すために塔のような形に葉を刺したものを飾ったり、魔除けとして玄関に一対置いたりします。

また、花輪ポスターと同じく、紙樒として簡略化されたり、供花のようなサイズで会場内に送られたりすることも多くなってきています。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket