枕飾りって何?気になる意味と7つのチェックポイントを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

人が亡くなると、布団に寝かして安置します。

その際、亡くなった人の近くに枕飾りという祭壇のようなものを置きます。

 

訃報を受けて弔問に伺うと、その枕飾りの前に通されます。

枕飾りで線香をあげたりするので、やはり枕飾りについて基本的なことは知っておかないと戸惑ってしまいます。

 

そもそも枕飾りというものがどういうものなのか分かっている人は多くありません。

枕飾りは宗派によって違ったりしますし、仏教の儀式における位置付けも時代とともに変化しています。

 

そこで、枕飾りについて具体的な内容や意味についてまとめて説明します。

一度わかってしまえば、いざという時にまごつくことはありません。

 

— この記事の目次 —

1.枕飾りとは一体何のこと?

2.枕飾りはいつからいつまでやるのか

3.枕飾りについて徹底調査

4.枕飾りは宗派によって違うってホント?

5.枕飾りのマナーってあるの?

6.枕飾りで線香と焼香には大切な意味があった!

7.仏教以外では枕飾りをどうしているの?

8.まとめ

1.枕飾りとは一体何のこと?

出典元:http://www.miyakotenrei.com/

 

遺族は、故人を自宅か安置所に寝かす際に枕飾りをどうするのか決めなくてはいけません。

もう待ったなしの判断が必要です。

 

訃報を聞いて駆け付けた人は、枕飾りで線香をあげることになります。

僧侶がよばれると宗派にもよりますが、枕飾りの前でお経をあげます。

つまりお葬式の仏事の最初の儀式は、枕飾りを用意してから始まるのです。

 

その枕飾りについて基本を説明します。

 

1-1.枕飾りの歴史と変遷について

枕飾りの起源については、実ははっきりとわかっていません。

ですが文字通りの「飾りもの」ではありません。

また「仮の祭壇」でもありません。

 

現在のような枕飾りが出来上がる前までは、以下の3種類の用途の物が故人の近くに並べられていたと考えられます。

 

1.故人に供えるもの

2.魔除けのまじないとなるもの

3.故人の霊に提供する飲み水・食事

 

枕飾りには、通夜や葬儀の前に弔問に訪れた人のための焼香用の台としての意味は、最初はなかったのです。

 

1-2.現在の枕飾りの基本とは

現在では、通夜や葬儀の前に弔問に訪れた人が、枕飾りにて線香をあげたり焼香したりする祭壇の役割も持たせるようになりました。

 

具体的には、経机などの小さめの机に白い布をかぶせます。

その上に三具足とよばれる香炉・花瓶・燭台を置きます。

これで現在の枕飾りの基本形となりますが、三具足に鈴を加えることもあります。

 

宗派により異なりますが、故人の霊に供える枕飯(一膳飯)、枕団子、水が供えられます。

また、故人の胸元か枕元に置く「守り刀」も、枕飾りの構成要素の一つとされることもあります。

 

ちなみに五具足という場合は、三具足の花瓶と燭台を1つではなく、左右に1つずつの対で置く場合です。

仏具が合計5つになるので五具足となります。

注意が必要なのは、仏具店などの店頭に「枕飾り用5点セット」という商品があり、その内容は三具足に枕飯用の茶碗と、水用の湯飲みかコップとなっています。

 

1-3.どうして宗派によって枕飾りが違うのか?

故人の霊に食べ物を供えるのは、死出の旅でお腹が減らないようにするためです。

宗派によっては死出の旅に対する扱いが異なりますので、枕飾りには食べ物を用意しない場合があります。

宗派による枕飾りの違いについては、後ほど詳しく説明します。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket