枕飾りって何?気になる意味と7つのチェックポイントを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

4.枕飾りは宗派によって違うってホント?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

枕飾りは同じ仏教であっても宗派により異なります。

大きな違いは焼香のあげ方と枕経の内容になります。

 

線香のあげ方も宗派により違います。

しかし、枕飾りであげる線香は1本というのが宗派によらず慣例となっています。

 

4-1.天台宗、真言宗、曹洞宗、臨済宗、浄土宗の枕飾り

浄土真宗以外の宗派では、枕飾りの内容や置き方はほぼ同じで違いがありません。

ただし、枕飾りができた後に僧侶があげる枕経については、どの経典が読まれるか宗派により異なります。

 

4-2.浄土真宗の枕飾り

浄土真宗では、死出の旅路についての教えはありません。

ですからその旅の腹ごしらえ、あるいは弁当にあたる枕飯や枕団子は供えません。

 

また、枕花でシキミであれば葉を1枚、菊のような花であれば花びらを1枚、供えた水に浮かべることがあります。

守り刀も浄土真宗では使いません。

 

ただし地域やお寺によって違いもあります。

 

4-3.枕飾りであげる焼香の仕方での宗派の違い

焼香をあげる際に、押し戴く所作が入る場合があります。

それを含めて宗派別に焼香のあげ方の違いをまとめます。

なお、以下は最も代表的な例であって、地域・お寺・僧侶・家々により違いがあります。

 

真言宗は焼香を3回で、押し戴く所作は最初に1回目のみです。

曹洞宗は焼香を2回で、押し戴く所作は最初のに1回目のみです。

浄土宗は特に決まりはありませんが焼香を1回が多く、押し戴く所作も決まりがありません。

浄土真宗本願寺派は焼香を1回で、押し戴く所作はありません。

浄土真宗大谷派は焼香を2回で、押し戴く所作はありません。

天台宗は焼香を1回で、押し戴く所作はありません。

日蓮宗は焼香を1回で、押し戴く所作はありません。

臨済宗は焼香を1回で、押し戴く所作はありません。

 

4-4.枕経での宗派の違い

宗派による枕経の内容を一覧にしました。

実際は地域やお寺、僧侶により相違があることがあります。

 

真言宗では、枕経には「般若理趣経」が読まれます。

曹洞宗では、枕経には「仏垂般涅槃略説教誡経」「参同契」「宝鏡三昧」などが読まれます。

 

浄土宗では、枕経にはこれという特別お経はありません。

臨終の際に僧侶と近親者で「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えることが枕経に相当します。

しかし実際に臨終に立ち会うことは難しいので、亡くなられた後に死に水(末期の水)をつける際に全員で念仏を唱えます。

 

浄土真宗では、枕経ではなく「臨終勤行」というお勤めを全員でおこないます。

お経というものは亡くなった人にではなく、生きている人のためという考え方に基づいています。

ただ地域やお寺によっては「阿弥陀経」をあげる場合もあります。

 

天台宗では、昔は臨終の際に「臨終行儀(りんじゅうぎょうぎ)」という儀式がおこなわれていました。

現在では、枕経には「阿弥陀経」が読まれます。

 

日蓮宗では、枕経には主要経典である法華経から「方便品」や「自我偈」などが僧侶により選択されて読まれます。

 

臨済宗では、枕経には「観音経」や「大悲心陀羅尼」が読誦されます。

その後に和讃などが唱えられます。

臨済宗では枕経のことを「枕経諷経」とよびます。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket