枕飾りって何?気になる意味と7つのチェックポイントを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

8.まとめ

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

枕飾りとは、ただの飾りでも、通夜までの臨時の祭壇でもありません。

故人に供えるもの、魔除けのまじない、故人の死出の旅の食べ物を供えたものという意味がありました。

そこに、通夜や葬儀の前に弔問に訪れた人が線香をあげたり焼香したりする台の意味も付け加えられてきたのです。

 

枕飾りのそれぞれの物にはここで説明したような意味とマナーがありますので、理解しておけばいざという時にも安心です。

 

現在では、枕飾りと枕勤めは省略して通夜の祭壇とお経をあげることが多くなっています。

ただし、以前は枕飾りと枕勤めが最初の仏教の儀式であり、このことで故人の魂が迷わず死出の旅路に旅立つことができるという重要な意味を持っていました。

 

枕飾りをする期間は通夜の前までなので、それほど長くありません。

遺族で枕飾りの用意をしてみるのも故人を見送った実感をしっかりと持つことになりますので、検討されてみるのも良いかもしれません。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket