密葬と家族葬の違いとは? 特徴・流れ・費用からその違いを徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

6. 密葬と家族葬とも違う直葬・火葬式とは

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

密葬と家族葬が区別が付き難くなっている現実がありますが、お葬式の葬儀形態には他にも直葬と火葬式があります。

実は密葬に様々なバリエーションができてきていることで直葬や火葬式とも区別が付き難くなりつつあります。

そこでここで直葬と火葬式についても整理しておきましょう。

 

6-1.直葬ってどういうお葬式なの?

直葬とは、納棺して直接火葬場に運んで火葬する場合を言います。

僧侶による読経など何らかの宗教的な儀式は一切行いません。

ただしそうはいっても、直葬としながらも遺体安置所や火葬炉の前でお経をあげたり、火葬されて待機している間に会食やお焼香をあげるなど現実の直葬は様々な形態を見せています。

 

直葬という名称に「葬」があるので誤解されがちですが、直葬を狭義に定義すれば単に火葬して遺骨にするだけのことになります。

喪主や遺族が直葬を指定しておきながらシンプル過ぎると慌てることが多いため、葬儀業者が直葬に様々なオプションを用意するようになっているのが実情となります。

 

6-2.火葬式は直葬とは違う?

火葬式では直葬と違い、遺体を火葬にする間に宗教的な儀式を含みます。

主に火葬場において、遺体の安置されている部屋で参列者が故人に別れを告げる機会が設定されていることが多いです。

祭壇を設けて、棺に故人の愛用品や花を入れたりします。

 

火葬の際に火葬炉の前での読経、火葬場の控室での簡易的な儀式のようなことがおこなわれることもあります。

 

6-3.密葬と家族葬と直葬・火葬式の違いをまとめると

直葬と火葬式を同じだとするのは一般の人だけではありません。

葬儀業者でも同一に扱っているケースも多くなってきています。

最近では直葬と火葬式だけでなく、そこに密葬も加えて葬儀のメニューとしている葬儀業者も見かけるようになりました。

つまり、密葬も直葬と火葬式も同じだという認識が広まりつつあるのです。

 

お葬式も葬儀の内容や呼称も時代によって一般に認知されるものが標準となるものですから、そこは故人や参列者に失礼が無いようにだけ配慮すれば良いことです。

ここでは密葬と家族葬、直葬、火葬式を敢えて区別するとしたら以下の違いがあるということを頭のどこかに入れておきましょう。

 

密葬:本来は本葬とセットで一連のお葬式となり、火葬式のような密葬もあるが、お通夜や葬儀、告別式を行う密葬もある

家族葬:小規模のお通夜や葬儀、告別式を行う

直葬:儀式も一切行わずに火葬するのみ

火葬式:簡易的なお別れの儀式をしてから火葬する

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket