喪服の3大疑問を解決|喪服とは?自分が着るべき喪服は?買う借りる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

3. お通夜で着るべき喪服とは

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

以前はお通夜では地味目の平服(略喪服)で良いとされていました。

それは喪服では不幸を待ち構えていたようで良くないという理由とされています。

 

しかし最近では、葬儀・告別式に参列できない人が、お通夜に弔問する場合が増えてきており、着ていく服装も変化してきています。

そこでお通夜での喪主や遺族と、一般の参列者の喪服とはどうなってきているのか詳しく説明します。

 

3-1.喪主が着るべき喪服は?

元々は喪主はお葬式の間は正喪服でいることが望ましいとされていました。

しかし最近では、お通夜での喪主の服装は準喪服の場合が多くなってきています。

 

ただし大勢の一般の参列者が見込まれるお通夜の場合では、正喪服を着用していた方が無難といえます。

 

3-2.遺族はどんな喪服を着たら良い?

お通夜での遺族や親族の喪服とは、一般的に準喪服であるとされています。

喪主も遺族も準喪服というケースが多くなってきているのが最近の傾向ですが、遺族が喪主より格式の高い服装になることは避けなければなりません。

 

3-3.一般参列者は喪服でなくとも良い?

お通夜では一般の参列者も準喪服であることが無難です。

平服(略喪服)で良いというのは、現在には当てはまらないと考えておいた方が良いでしょう。

特に都市部では、葬儀・告別式の参列者よりもお通夜での参列者の方が多くなってきています。

 

お通夜の席で服装が浮いてしまうことが無いように準喪服を着用することをおススメします。

なお、お通夜の前に弔問する場合であれば略喪服でも問題ありません。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket