喪服の3大疑問を解決|喪服とは?自分が着るべき喪服は?買う借りる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

5. 喪服のマナーって何?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

喪服を着る際のマナーについても説明しておきましょう。

喪服に格式に合わせて種類があるように、喪服についてのマナーもいくつもあります。

 

5-1.喪服についてのマナーとは?

喪服を着る際にマナーを押さえておかないと、弔事の服装であるハズが慶事の服装になってしまいかねません。

最初に男性の洋装の場合のマナーについて説明します。

 

ワイシャツ:白色のもので柄のないものが基本です。

ベスト:黒色が原則で、上着と同じ布のものです。

ネクタイ:黒色のもので、ネクタイピンは付けません。

靴:光沢のない黒色のものです。光る金具が付いているものは避けます。

靴下:黒色のものです。

冬の防寒着:黒、濃紺や濃いグレー色などの地味な色のコートです。

防寒着は葬儀・告別式の会場に入る前に脱ぐものですが、だからと言って毛皮のコートやダウンジャケットは厳禁です。

 

女性の洋装の場合のマナーについては男性の場合と同様に無地の黒色を基本とすることです。

さらに女性特有のマナーとして以下のものがあげられます。

 

肌の露出はしないように十分配慮しましょう。

特にスカート丈は座った場合でもスカートの裾が膝下にくるように調整しておきましょう。

化粧はしないか、しても可能な限り薄くします。喪服の時の化粧では紅はさしてはいけません。

髪の毛が長い場合は、まとめて束ねるようにします。

香水の類は例え薄くても付けてはいけません。

 

5-2.喪服と関係する持ち物などのマナーとはどんなこと?

アクセサリーの類は付けないことが原則です。

ただし婚約指輪と結婚指輪は付けても良いとされています。

 

持ち物は、黒色の光沢がないもので統一します。

バッグなどでは光るアクセサリーが付いたものが多いので注意が必要です。

弔事用のバッグは喪服を扱っている売り場なら用意されていますので、一つは購入しておくことをおススメします。

 

なお、仏教の宗派やお寺によっては信徒に半袈裟、または輪袈裟、あるいは門信徒式章といったものを首にかける場合があります。

決してマナー違反ではありませんが、きわめて立派な半袈裟もありますので、一般参列者が格式の高く見える半袈裟をかけて遺族の方よりも立派に見えてしまうことのないように配慮することもマナーのうちです。

 

5-3.日本独自の喪服のマナーを知っておきましょう

黒色の喪服に黒色のネクタイがマナーといいましたが、実はこれは日本独特の風習なのです。

海外ではお葬式でも濃い色のスーツやダークスーツに地味な色のネクタイがごく一般的な服装です。

女性であっても地味な色のデイドレスを着るのが普通です。

 

お葬式の参列者に海外の方が多い場合などは、違和感を感じられたり、戸惑われたりする場合があります。

そうしたことが無いように案内状などで海外の方向けに、日本のお葬式のドレスコードについて説明文を添付してあげると良いでしょう。

英文のサンプルは業者に頼めばいただけますし、日本の冠婚葬祭について英語で説明されている書籍もありますので参考にされると良いでしょう。

 

また、海外でお葬式に参列する際にも注意が必要です。

日本式の喪服で参列すると、外国の方にはマフィアの関係者のような印象を与えかねません。

喪服は万国共通ではなく、海外には海外の喪服のマナーがあることを心に留めておきましょう。

海外の冠婚葬祭の服装マナーについては、外務省の公式サイトなどに情報が掲載されていますので参考にしましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket