喪主の挨拶でお悩みの方必見!注意点や挨拶例の紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

大切な家族を失い心身ともに大変な状況であるお葬式ですが、お通夜や告別式など次々と執り行う中で、喪主として挨拶をするという重要な役割がでてきます。

 

タイトなスケジュールの中、挨拶文を考えて人前で話をするのは大変なことですので、喪主としての挨拶のコツを知っておきたいところだと思います。

そして、故人の供養や集まっていただいた参列者のためにも、無難に挨拶を済ませたいとか、出来れば感動的な喪主挨拶をしたいと考えることもあると思います。

 

今回はお葬式における喪主挨拶での注意点や挨拶例について詳しく紹介していきます。

喪主挨拶のコツを知り、喪主としての役割を全うすることで、より良いお葬式となるための知識を深めて頂ければと思います。

 

— この記事の目次 —

1.喪主の挨拶は何回ある?

2.喪主挨拶での一般的なルール

3.喪主挨拶は何を話したらいい?

4.感動を呼ぶ挨拶の仕方

5.代理挨拶という場合も

6.人前で話すのが苦手ならどうする?

7.まとめ

1.喪主の挨拶は何回ある?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

お葬式での喪家や喪主の役割は様々ありますが、多くの場合葬儀屋さんがサポートしてくれますので、その指示に従って立ったり移動したりすることで簡単にこなすことができます。

しかし、喪主の挨拶に限って言えば、なかなか助け船を得ることができない一人で何とかしなければいけない役割と言えます。

 

そんな喪主としての挨拶はお葬式の中でいったい何回あるのでしょうか?

お葬式のやり方や地域やプランによって異なってきますが、多くの場合は、お通夜の終了時、告別式の終了時や出棺の時、通夜振舞いの時、精進落としの時に行う場合が多いと言われます。

お葬式のプランを葬儀屋さんと打ち合わせする時点で、挨拶の回数も明確になります。

 

今回の記事はその中でも一番のメインとなる、お通夜や告別式での挨拶を中心に説明していきたいと思いますが、まずは、それぞれの挨拶の特徴を簡単に解説していきます。

 

1.1.通夜と告別式

通夜の終了時や告別式の終了時に行われる喪主の挨拶が、お通夜や告別式の締めとなり、重要なものとなります。

多くの参列者を目の前にし、荘厳な雰囲気の中で行われるため、喪主としても一番の緊張の瞬間であると言えます。

 

司会による代読の場合も多くありますので、お通夜だけ挨拶する、告別式だけ挨拶する、両方とも代読してもらうなど、色々なパターンがあります。

葬儀屋さんにアドバイスをもらいながらどうするか決めていけばよいでしょう。

 

喪主の挨拶の内容は参列へのお礼や故人のエピソードを話したりすることがメインとなります。

 

1.2.通夜振舞いと精進落とし

通夜振舞いや精進落としの食事の前や後にする挨拶です。

 

通夜振舞いの時は食事の前に、精進落としの時は食事の後に挨拶をすることが多いとも言われております。

お通夜などと比べて荘厳な雰囲気ではないので、堅苦しくなく自由な挨拶でよいと言われます。

堅苦しくはありませんが、内容としてはやはり、参列へのお礼や故人のエピソードを話しすることが主となります。

 

通夜振舞いの挨拶の文例をご紹介します。

 

本日はお忙しい中を、お越しいただきありがとうございました。

皆様方においでいただき、故人もさぞかし喜んでいることと存じます。

ささやかではございますが、お食事の用意をしております。

お時間の許す限り、生前のお話などお聞かせいただければ幸いです。

 

精進落としは開始時と終了時が想定されますので、両方例を挙げるて紹介します。

 

皆様、本日は誠にありがとうございました。

おかげさまで、故〇〇の葬儀、告別式も滞りなく終えることができました。

誠にありがとうございました。

皆様さぞかしお疲れのことと存じます。

ささやかではございますが、皆様への感謝と慰労の席をご用意いたしました。

故人の思い出などをお話しいただきながら、ごゆっくりとお召し上がりいただきたいと存じます。

本日はありがとうございました

 

皆様、本日はお忙しい中ありがとうございました。

お見送りをいただき故人もさぞかし喜んでいることと思います。

皆様もお疲れのことと思いますので、この辺で終了とさせていただきたいと存じます。

本日はありがとうございました。

 

このような形でお礼を伝えるのが一般的です。

また、通夜振舞いの時は翌日の告別式の時間、精進落としの時は決まっていれば納骨や法要など今後の予定を挨拶の中に盛り込むとよいでしょう。

 

1.3.受付など

他にも、受付や焼香の後など、参列者と顔を合わせて挨拶することもでてきます。

基本的に双方お辞儀だけの場合も多いですが、話をする場合は参列へのお礼や故人がお世話になったことへのお礼を言ったりするかと思います。

 

また、お坊さんや葬儀屋さんへの挨拶もあります。

広い意味ではこれも親族の代表である喪主としての挨拶と言えると思います。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket