Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/smaho/osoushiki-blog.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/smaho/osoushiki-blog.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 285

亡くなられた連絡を受けたらどうする?また遺族がするべきことは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2. 亡くなられた人をどう呼ぶのが正しいの?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

亡くなられた人を呼ぶ時はどのように呼べばよいのでしょうか。

いざという時に何と言ってよいのかわからないと言葉に詰まってしまいます。

かと言って、普通に名前を言っても良いものなのでしょうか?

 

2-1.亡くなられた人を普通に呼ぶのはマナー違反?

亡くなられた人の名前をそのまま呼ぶのは良いことではありません。

亡くなられた人や遺族に対しての敬意や配慮がされていないことになります。

 

葬儀などでは亡くなられた人について以下のように記載されます。

故〇〇 〇〇儀之告別式式場

 

「故」は亡くなられたことを意味します。

「儀」は、身内の人に対する「様」や「殿」のような敬称表現になります。

身内の人間とはいえ亡くなられた人を呼び捨てにすることはできず、「様」をつけるのも違和感があることから「儀」が使われるようになりました。

そうした経緯があるため「儀」は右よりに小さめに書かかれることもあります。

 

会社や団体のお別れの会などで、何人もの亡くなられた人を呼ぶ場合があります。

その場合には生前の氏名で呼んだ方が参列者には分かり易いです。

 

そこで最初に

「俗名にて読み上げさせていただきます」

と言って生前の氏名で呼べば問題ないでしょう。

 

2-2.電話などで亡くなられた人を呼ぶにはどうする?

訃報の電話などで直接連絡を受けた場合は、「〇〇様」とか「〇〇さん」でも良いとされています。

訃報を伝えられるのは親族や親しい友人・知人であるので、突然に改まった呼び方をするのも難しいものです。

亡くなられた人の名前でなくとも「奥様」とか「叔父さん」、「叔母さん」のような呼び方でも大丈夫です。

 

一般的に電話で訃報を受けた側は、お悔やみを述べる程度にとどめるのがマナーです。

故人のことを、訃報を受けた段階であれこれ聞き出すことは礼儀正しいことではありません。

 

したがって電話などで直接話をする際に、連絡を受けた側が亡くなられた人について話す必要はありません。

「〇〇様には大変お世話になっておりましたので、言葉もございません。」

くらいに留めておくことが適切です。

 

2-3.メールや弔電などで亡くなられた人はどう呼ぶ?

メールや弔電では、亡くなられた人を呼ぶのは改まった呼び方をすることがマナーです。

亡くなられた人の呼び方は昔から慣習として決まっています。

以下にメールや弔電の送り先を喪主とした場合に、喪主と故人の関係からの呼び方と読み方を一覧にします。

 

故人が喪主の父親の場合:ご尊父様(ごそんぷさま)、お父様(おとうさま)

故人が喪主の母親の場合:ご母堂様(ごぼどうさま)、お母様(おかあさま)

故人が喪主のの場合:ご主人様(ごしゅじんさま)、旦那様(だんなさま)

故人が喪主のの場合:ご令室様(ごれいしつさま)、ご令閨様(ごれいけいさま)、奥様(おくさま)

故人が喪主の祖父の場合:ご祖父様(ごそふさま)、おじい様

故人が喪主の祖母の場合:ご祖母様(ごそぼさま)、おばあ様

故人が喪主のの場合:ご令兄様(ごれいけいさま)、お兄様(おにいさま)

故人が喪主のの場合: ご令弟様(ごれいていさま)、弟様(おとうとさま)

故人が喪主のの場合: ご令姉様(ごれいしさま)、お姉様(おねえさま)

故人が喪主のの場合: ご令妹様(ごれいまいさま)、妹様(いもうとさま)

故人が喪主の息子の場合: ご令息様(ごれいそくさま)、ご子息様(ごしそくさま)

故人が喪主のの場合:ご令嬢様(ごれいじょうさま)、ご息女様(ごそくじょさま)、お嬢様(おじょうさま)

故人が喪主の家族の場合: ご家族様(ごかぞくさま)、御一同様(ごいちどうさま)、皆様(みなさま)

 

なお、おじさん・おばさんについては血縁関係により使う漢字が異なりますので、間違えないように注意が必要です。

故人が喪主の親の兄や姉にあたる場合には伯父・伯母、弟や妹にあたる場合には叔父・叔母という漢字を使います。

 

故人が喪主の伯父の場合:伯父上様(おじうえさま)、伯父様(おじさま)

故人が喪主の伯母の場合:伯母上様(おばうえさま)、伯母様(おばさま)

故人が喪主の叔父の場合:叔父上様(おじうえさま)、叔父様(おじさま)

故人が喪主の叔母の場合:叔母上様(おばうえさま)、叔母様(おばさま)

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket