Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/smaho/osoushiki-blog.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/smaho/osoushiki-blog.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 285

亡くなられた連絡を受けたらどうする?また遺族がするべきことは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

4. 亡くなられた連絡を受けた際のお悔やみの文例を紹介

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

お悔やみの言葉は日頃使うことが無いため、突然の場合には上手に言えないものです。

ここでは、そのまま使うことのできる具体的なお悔やみの文例を説明します。

なお、お悔やみの文例は仏教で使うものでキリスト教では使いません。

 

4-1.お悔やみはシンプルが基本

失礼があってはいけないと必要以上に難しく考える必要はありません。

以下のような基本的で簡潔な言葉が最も好ましいお悔やみの言葉になります。

 

「このたびは、ご愁傷様です。お悔やみ申し上げます。」

「このたびは、誠にご愁傷様でございます。心からお悔やみ申し上げます。」

「このたびは、思いがけないことでありさぞかしお力落としのこととお察しいたします。心よりご冥福をお祈り申し上げます。」

 

4-2.事故などで突然亡くなられた場合のお悔やみは

事故などで突然亡くなられた場合には、以下のようなお悔やみの言葉を伝えれば良いでしょう。

 

「あまりに突然の事で、言葉もございません。何とお悔やみ申し上げてよいのか分かりません。」

「突然の出来事で、さぞかしお嘆きのことでしょう。お悔やみの申し上げようもございません。」

 

4-3.病気などで亡くなられた場合のお悔やみの文例

病気で亡くなられた場合には、以下のようなお悔やみの言葉が良いでしょう。

 

「お見舞いにも伺えないうちにお亡くなりになられ、誠に心残りです。心からお悔やみ申し上げます。」

「またお元気になられると思っておりましたが、急にお亡くなり残念でなりません。謹んでお悔やみ申し上げます。」

 

4-4.長寿で亡くなられたらお悔やみはこんな文例で

長寿を全うされた場合には以下のようなお悔やみの言葉があります。

 

「ご生前は大変お世話になりました。何のご恩返しもできていないことが悔やまれます。心よりご冥福をお祈り申し上げます。」

「まだまだ長生きされることと思っておりました。お亡くなりになられるとは残念です。心よりお悔やみ申し上げます。」

 

なお、お悔やみの文例については以下の記事にも例がたくさんありますので参考にしてみてください。

訃報を受けたらどんな挨拶をしたら良い?12の挨拶の具体例をご紹介

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket