七七日忌って何?四十九日法要との関係など基本をお教えします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

人が亡くなると、お通夜をして葬儀・告別式をするのが一般的ですよね。

葬儀・告別式が終わってからも、さまざまな忌日法要があり、その中に「七七日忌」と呼ばれるものがあり、法要が行われます。

 

読み方は何だろう?どういう意味があるのだろう?という疑問を抱いた人は少なくないと思います。

ここでは、「七七日忌」の基本についてお伝えしていきます。

 

「七七日忌」までにどのような準備をするのか、当日は何をするのか、参列する時のマナーや、案内状の文例などもご紹介しますので参考にしていただければと思います。

 

— この記事の目次 —

1.七七日忌の基本が知りたい

2.七七日忌の準備はこうする!

3.七七日忌にかかる費用はどれくらい?

4.七七日忌の案内状の文例が知りたい!

5.七七日忌に参列するときのマナー

6.七七日忌の御香典はどうする?

7.まとめ

1.七七日忌の基本が知りたい

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

1.1読み方や意味、何をする日?

「七七日忌」の読み方は「しちしちにちき」「なななのかき」「なななぬかき」などいろいろありますが、一般的には「なななのかき」と読むことが多いようです。

読み方は異なりますが、どれも意味は同じで、「七が七つ=四十九」ということになります。

 

七七日忌は、四十九日の別名で、四十九日法要を行う日です。

四十九日法要は「忌明け法要」ともいわれており、この日をもって忌明けするということです。

 

忌明けとは、故人の冥福を祈って喪に服す期間が明けることで、この期間は「中陰」といい、お祝い事を避けたり、お祭りや派手なイベントなどの参加を控えます。

昔は忌明けまで、お酒や肉などを食べなかったのですが、現在はそのような生活を送ることは難しいため、普段通りの食生活を送ることがほとんどです。

 

1.2四十九日とはどう違う?

七七日忌は、四十九日の別名ですので、呼び方が違うだけのことです。

仏教では、人は亡くなってから七日ごとに死後の世界で裁判を受け、四十九日で次の行先が決まるといわれています。

 

また、仏教の中でも浄土真宗では、亡くなったと同時に成仏すると考えられていますが、それ以外の仏教では、四十九日で成仏すると考えられています。

四十九日までの間、人の霊・魂はこの世にとどまっていますが、四十九日目に六道(ろくどう・りくどう)といわれる6つの世界に行くことになるそうです。

 

六道とは、天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道のことです。

仏教では、六道の中で無限に生死を繰り返すことを「輪廻転生」といい、六道から解脱することができれば、極楽浄土へ行くとされています。

 

天道(てんどう)は、天人が住む世界で、天人は人間より優れた存在で、人間の世界より苦しみは少ないそうです。

人間道(にんげんどう)は、人間が住む世界で、四苦八苦があります。

修羅道(しゅらどう)は、阿修羅の住む世界で、終始戦いが繰り返されているそうです。

 

畜生道(ちくしょうどう)は、弱肉強食の動物の世界で、本能で生きており、仏の救いが少ない世界とされています。

餓鬼道(がきどう)は、飢えや乾きに苦しむ餓鬼の世界で、嫉妬や欲望の中で救いを求め続けるそうです。

地獄道(じごくどう)は、生前の罪を償うための世界で、六道の中で最も苦しみが大きいといわれています。

 

七七日忌法要・四十九日法要は、魂がこの世から離れ、どの世界へ行くのかが決まる重要な法要とされています。

 

1.3七七日忌以外には何がある?

先述したように、人は亡くなってから七日ごとに死後の裁判を受けます。

この時、故人の魂が仏の導きで良い方へ行けるようにと、ご遺族は七日ごとに法要を行います。

 

この法要を「中陰法要」と呼び、七七日間・四十九日間を「中陰」と呼びます。

中陰法要は「初七日(しょなのか)法要」「二七日(ふたなのか)法要」「三七日(みなのか)法要」「四七日(よなのか)」「五七日(いつなのか)法要」「六七日(ろくなのか)法要」「七七日(なななのか)法要」があります。

 

初七日法要は、葬儀・告別式が終わったら当日中に行うことが増えています。

二七日、三七日、四七日、五七日、六七日は、省略することもありますし、ご遺族が全員集まれなくても僧侶をご自宅に招いて読経をしていただくこともあります。

 

ご家庭や地域、菩提寺との関係によってどのように行うのか異なりますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

一般的には、亡くなった日を一日目として数えますので、初七日は「亡くなってから七日目」、七七日は「亡くなってから四十九日目」ということになります。

 

しかし、地域によっては亡くなった日の前日を一日目として数え始めることもありますので、法要の日程を決める際には事前に確認をしておくと良いでしょう。

 

1.4神道やキリスト教にも七七日忌はあるの?

七七日忌は仏教の考え方ですので、神道やキリスト教には当てはまりません。

神道の場合、七七日忌に当たるのが「五十日祭」というもので、亡くなってから五十日目に執り行います。

 

キリスト教の場合、仏教の法事に当たるものとして、カトリックでは「追悼ミサ」、プロテスタントでは「記念式」と呼ばれるものがありますが、どちらも仏教の法事のように故人の冥福を祈っての儀式ではありませんし、「忌明け」という考え方もありません。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket