お布施の書き方がわかった!大切なポイント4つと意外なマナー4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

喪主となって僧侶にお布施を渡す立場になることは、そうそうあるものではありません。

しかし、いざ喪主になってみるとどうしたらよいか本当に戸惑ってしまいます。

お布施の書き方だけでなく、金額、包み方、渡し方、分からないことだらけです。

また、お車代や御膳料などはお布施とは別ということなので、いよいよ混乱してしまいます。

 

お布施の他に何があって、どうしたら良いかハッキリ教えて欲しい!

それが偽らざる喪主の気持ちです。

そこで今回は、法事や法要で必要となるお布施の書き方のポイント4つと、意外なお布施のマナー4点について説明します。

 

あわせて戒名料・お車代・御膳料などの関連の費用について説明します。

わかってしまえばそれほど難しいことではありませんので、是非参考にしてみてください。

 

— この記事の目次 —

1. そもそもお布施って何?

2. お布施の袋に必要な知識とは?

3. お布施の書き方で大切なことは4つ

4. お布施の書き方の意外なマナー

5. 一周忌のお布施はどう書くの?

6. お布施の他に用意するものの書き方は?

7. お盆や年末年始のお布施はどうするの?

8. まとめ

1. そもそもお布施って何?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

お布施とは、僧侶にお勤めをしていただいた謝礼の意味でお渡しするものです。

一般的には現金ですが、贈答品を一緒にお渡しすることもあります。

もともとは仏教の六波羅蜜の中の一つ「布施」という仏教用語です。

 

1ー1.お布施が必要になるのはこんな時

僧侶にお経をあげていただくなど、お勤めをしていただいた際に必要となります。

一般的には法事の際の法要に対して必要とされるものです。

 

なお、法要は僧侶にしていただく読経などのお勤めをいい、法事は法要を含めた御斎の会食など儀式全体をさしています。

 

1ー2.お布施が要る法要と法事はこれだけ

一般的に葬儀といわれる、通夜式・葬儀式・告別式にはお布施が必要です。

葬儀の場合には、通夜式や葬儀式など個々にお布施を用意するのではなく、最初か最後に僧侶へ挨拶する際に一度にお渡しします。

 

次に忌日に行われる初七日法要・四十九日法要・一周忌法要・三回忌法要・七回忌法要にお布施が必要です。

他に、納骨時・初盆も僧侶にお勤めをしていただいた際にもお布施が必要となります。

 

お寺の檀家の場合は、お寺にもよりますが春と秋のお彼岸、年末年始、お盆の際に僧侶が自宅に訪れて棚経というお勤めをされます。

その際にもお布施が必要になります。

 

1ー3.お布施に含まれない費用とは?

僧侶に故人の戒名を付けていただいた際に、「戒名料」をお渡しします。

これは葬儀の際にお布施と一緒にお渡しすることが多いのですが、戒名料とお布施とは違うものです。

ただし、戒名はお金で買うものではないという考えの方もいますので、戒名料という名目を使わずにお布施に含めてしまうこともあります。

 

また、僧侶に自宅や式場にお越しいただいた際には交通費に当たる「お車代」をお渡しします。

お斎などの会食に、僧侶が出席されない場合は、食事代に相当する「御膳料」をお渡しします。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket