お布施の金額相場・渡し方は?葬儀・法要のお布施の疑問をずばり解決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

葬儀・法要では、読経など供養をしてくれる僧侶にお布施を渡します。

しかしそもそもお布施とはどういったお金なのかご存知でしょうか。

 

読経していただいたことへの対価と考えている人が多いですが、そうではありません。

お布施には決まった金額がなく、僧侶から「お気持ちで結構です」と言われる場合もあり、いくらを包んだらよいのか迷ってしまいますよね。

 

お布施に定価はないものの、相場はあります。

相場はお寺の考え方や戒名のランクなどによって異なります。

 

ここでは、お布施の相場や渡し方についての疑問を徹底解説します。

相場を知った上で、お布施を安く抑えるサービスについてもご紹介します。

 

お布施の相場を知っておくことで、お寺とのトラブルが避けられますし、気持ちよく葬儀・法要を執り行うことができるようになります。

お布施の金額で悩んでしまわないためにも、このページを読んでお布施の相場金額を覚えていただきたいと思います。

 

— この記事の目次 —

1.知らなかった!お布施の本来の意味とは?

2.お布施だけじゃない!通夜、葬儀で必要なお礼とは?

3.お寺に渡す戒名料の相場とは?

4.法事法要におけるお布施の相場

5.お布施の書き方・包み方

6.お布施の渡し方作法3つのポイント

7.お布施を安く抑えるためには?

8.まとめ

1.知らなかった!お布施の本来の意味とは?


出典元:https://www.photo-ac.com/

 

お布施とは、労働対価ではなく読経をしていただいたことへの謝礼です。

お寺の考え方や、菩提寺との付き合いの深さ、地域・宗派によってもお布施相場は変わります。

トラブルにならないように、お寺や葬儀社とよく相談して金額を決めましょう。

 

 1-1お布施とは

お布施とは、通夜や葬儀などの法事法要の際に、故人の冥福をお祈りしていただいたことに対してお渡しする謝礼のことです。

お布施とは、仏教の「六波羅蜜(ろくはらみつ)」という修行法のうちの一つです。

 

お布施には、金品を渡す「財施(ざいせ)」、仏の教えを説く「法施(ほうせ)」、心の不安を取り除く「無畏施(むいせ)」の3つの意味があるとされています。

うち、僧侶が読経や故人の供養を行うことは、お布施の一つの意味である「法施」に当たります。

葬儀や法要の際に渡しているお布施は、「財施」の意味があります。

 

お布施はお礼ですので、決まった金額がありません。

自身の経済状況をふまえながら、自分の渡せる範囲内で渡します。

その金額に対して価値を感じながら包むことが大切です。

 

1-2お布施は労働対価ではなく、寺院への寄付だった!

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

お布施は読経の対価というように捉えられていることがありますが、そうではありません。

何かへの対価や費用ではなく、気持ちで渡すものです。

お布施は僧侶に渡しますが、本来、寺院の御本尊へ捧げるものです。

 

お寺は、いただいたお布施によって寺院を維持していくことができます。

寺院を維持するためには、お寺の修繕や、お庭や墓地の手入れ、仏具や法衣の購入など、様々なお金がかかります。

お布施は、お寺の活動を支える大切なお金になります。

 

1-3菩提寺との付き合いとお布施金額の関係

お布施金額は、お寺によって、またお寺との関係性によって異なります。

古くからお世話になっている菩提寺がある場合や、お寺との親交が深い場合には、お布施金額は高くなる傾向にあります。

こういった事情を知らないでいると、お寺から高額のお布施を求められたと思い、困惑する遺族もいるようです。

 

1-4お布施相場についてのお坊さんへの質問の仕方


出典元:https://www.ac-illust.com/

 

お布施は決まった金額はないものの、相場はあります。

お布施金額がわからず困ったときは、直接、僧侶に聞いてみましょう。

聞いても失礼にはあたりません。

 

ただし、「お布施はいくら包めばよろしいですか?」と尋ねると「お気持ちで結構です」と返ってくることが多いです。

そのため、「他の方はどのくらいされていますか?」と聞くと、答えやすいようです。

 

他にも、「あまり慣れていないのでいくら包んで良いのか分かりません。

失礼ですが、お布施の金額を提示して頂いてもよろしいでしょうか?

逆に、その方が助かります。」と聞いてみてもいいでしょう。

 

直接は質問しづらいということであれば、葬儀社に聞いてみると、地域の事情と合わせて教えてくれます。

 

1-5トラブルにならないお布施の決め方

収入が低い人が無理をして高額なお布施を包む必要はありません。

お布施は無理のない範囲でその時にできる精一杯のお寺へのお礼です。

要求された金額を支払うのが難しい場合は、お寺や葬儀社に事前に相談してみましょう。

 

1番やってはいけないのは、相談なしに、自分の判断で提示金額よりも少ない金額を包んでしまったり、お布施の相場がわからないまま葬儀・法要を進めてしまうことです。

あとで高額な金額を提示されたり、お寺との関係が悪くなるなどのトラブルの元になります。

後で揉めないためにも、最初にきちんと聞いて確認をして、お互いが納得して葬儀・法要を進めましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket