お悔やみ・お香典はこれを読めば大丈夫!相場や書き方、渡し方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

訃報の知らせを受けたときに、考えなければならないことの一つとしてお悔やみ、つまりお香典をどうするのかといったことがあります。

お香典について迷いやすいポイントは、金額をいくらにするか・お香典袋のマナー・渡し方やそのときのお悔やみの言葉などです。

また、葬儀後に訃報を聞いたときは、お香典の送り方や、送る場合に気をつけなければならないことを知っておく必要があるでしょう。

他にも、お香典を辞退していたときどうするかなどは、家族葬が多くなってきた昨今では持っておきたい知識です。

 

この記事は、こうしたお香典(お悔やみ)についての知識をまとめてあり、これ一つですべて分かるようになっています。

お香典に関する疑問を解消するのに、お役立ていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.お悔やみ・お香典の意味や由来は?

2.お香典の相場はいくら?

3.香典袋はどんな風に使い分ける?

4.お香典の書き方やお札の入れ方などのマナーは?

5.お香典の渡し方や渡すタイミングは?

6.どうしても参列できない!お香典を送るには?

7.お香典を辞退していたらどうすればよい?

8.まとめ

1.お悔やみ・お香典の意味や由来は?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

お香典のマナーについて解説する前に、「お悔やみ・お香典」の意味や由来を見てみましょう。

この章では「お悔やみ」の意味や、お香典とはもともとどういったもので、どのように変わっていったのかについてお伝えしていきます。

 

1.1 「お悔やみ」には色々な意味がある

「お悔やみ」は人の死を悼み、弔うことを指す言葉です。

「お悔やみの言葉」や「お悔やみ申し上げます」「お悔やみに行く」などはよく耳にしますね。

 

そこから転じて、お香典のことを意味するようになりました。

「お悔やみの金額」「お悔やみの封筒」などのようにお香典のことを「お悔やみ」と呼ぶ言い方は一般的に使われています。

また、お焼香や供花、供物などの意味としても用いられます。

 

1.2 お香典の起源は?

お香典は元は「お香奠」と書き、香はお香(お線香)のこと、奠(でん)は神様や仏様にお供えする供物のことです。

昔から葬儀では、お香は重要な役割を果たしてきました。

現代のようにドライアイスがなかったことから死臭を消す役割として、場を清めると考えられていたことから、浄化するためにも使われました。

 

また、良い香りは仏様の食べ物とされるとか、お香を焚く煙があの世への道しるべとなる、香りや煙で故人に想いを届けることができる、などとも言われます。

こうした理由から、お香を供物として持ち寄ったり、香りのよい樒(しきみ)という植物を供えたりしたのがお香典の起源だとされています。

 

1.3 お香典=お米のこと!?

お香典はお香を持ち寄ることから始まりましたが、徐々に食料などに変わっていきました。

葬儀を出すことは遺族にとって金銭的に大きな負担となります。

そのため相互扶助の意味合いから、葬儀で供される食事のための食料(お米や作物など)を持ち寄ったのだと言われています。

また、長時間焚くことのできるお線香が江戸時代に発明されたことで、お香典が食料や金銭に変わっていったという説もあるようです。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket