お線香に関するそのマナー実は間違えているかも!?正しい知識とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

お線香をあげる場面は様々ですが、正しいマナーをご存知でしょうか?

実は、宗派によって何が正しいのかは違うのです。

お墓参りやお通夜など、人様の前でもしうっかり間違えていたら大人としては恥ずかしいですよね。

 

また、お線香をあげることにはちゃんとした意味があります。

意味を知れば、今までよりも心をこめて故人に手を合わせることができるのではないでしょうか。

 

大切な故人に少しでも喜んでもらえるよう、迷わずあの世へ逝けるよう、お線香のマナーと知識は身につけておきましょう。

 

— この記事の目次 —

1.マナーを知る前に!なぜお線香をあげるの?

2.お線香のあれこれ

3.お線香をあげる正しいマナー

4.故人宅へお線香をあげに行く際のマナー

5.お墓参りでお線香をあげるマナー

6.お線香のマナーをもっと知る

7.お葬式に関するお線香のマナー

8.よくある質問

まとめ

1.マナーを知る前に!なぜお線香をあげるの?

出典元:http://www.irasutoya.com/

 

お通夜や葬儀だけでなく、法事やお墓参りなど様々な場面でお線香をあげる機会はありますが、なぜお線香をあげるのか、理由はご存知ですか?

お線香をあげるのにはちゃんと故人を想った理由があるのです。

普段何気なくあげているお線香も、意味を知ればこだわりたくなってしまうかもしれませんよ。

 

1-1.故人の食べ物となる

お線香の香りは故人の食べ物になると考えられています。

亡くなってから四十九日間はお線香を絶やさずにたいておくという風習がありますよね。

亡くなってから四十九日が過ぎると仏の世界に旅立ちますので、それまでの間故人の食べ物はお線香の香りになるのです。

ですから、お線香をあげないと故人がお腹を空かせてしまいますね。

 

仏教経典のひとつ、「倶舎論(くしゃろん)」にはこのように記述されています。

死後の人間が食べるのは匂いだけで、善行を積み重ねた死者は良い香りを食べる。

ということは、お線香なら何でも良いという訳ではなく、生前故人が好んでいた香りのお線香をあげたらきっと喜んでくれると思いませんか。

 

また、「倶舎論(くしゃろん)」にはこのような記述もあります。

悪行を重ねたものは悪臭しか食べない。

よって、お線香をあげるということは、悪霊を遠ざけるという意味もあるのです。

 

1-2.自分の身を清める

お線香には、お線香をあげる人の自身の心身やその場を清めるという意味があります。

仏教では、お線香をあげることで体や精神を清めることができるといわれているのです。

 

お線香が香りを放つことによって、お線香をあげている人自身の香りが消えます。

体臭が消えるという意味だけでなく、俗世で汚れた心と体をきれいにしてくれるという意味もあります。

 

現在では、アロマテラピーやお香などは疲れた心と体を癒してくれることから、特に女性に人気がありますよね。

匂いには人の心を穏やかにしてくれる不思議な力があるのですね。

 

1-3.仏様と繋がる

お線香には、仏様になった故人と心を通わせることができるという意味もあります。

お線香をあげている人の心と仏様をお線香でつなげることができるのです。

お線香で自分の身を清めたら、仏様と向き合い、生前話せなかったことや近況などを伝えましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket