お葬式の参列について教えて!皆が気にしているマナーや流れを大解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

世の中にはいろいろな小さな疑問がありますよね。

例えば、「ティッシュは1箱160枚○○円か、1箱200枚△△円どちらがお得か?」。

例えば、「マンホールはなぜ丸いのか?」。

そういえば、お葬式の参列でも小さな疑問があったり。

 

しかも、それがたくさん。

そのような疑問を持つ方は多くいて、インターネット上ではお葬式の参列についての質問が多くされています。

 

ここでは、葬儀の参列に関する基礎知識やマナーなどを紹介していこうと思います。

この記事を読み終わったころには、きっとお葬式の参列で困ることもなくなるはずですよ!

 

— この記事の目次 —

1.お葬式の参列で最初に気になる3つの疑問

2.お葬式の参列マナー(見た目編)

3.お葬式の参列マナー(準備編)

4.お葬式の参列マナー(作法編)

5.お葬式に参列したら流れはこれ!

6.お葬式で絶対に使えるお悔やみ言葉

7.お葬式に参列してもらったら?このお礼が適切

8.お葬式の参列人数には、3つの謎がある!

9.まとめ

 

1.お葬式の参列で最初に気になる3つの疑問

出典元:https://www.bing.com/images/search?

 

「お葬式に参列しなければならない……。」

そういう時、ありますよね。

そして、その場面は突如としてやって来るものです。

そうなると、やはり常日頃から知識というものは持っていなければいけないようです。

 

ここでは、そのお葬式の参列に関する導入として、よく浮かぶ疑問3つを解決していこうと思います。

 

1.1.お葬式はどこまでの関係なら参列すれば良いの?

「お葬式、どこまで参列すれば良いの?」論争はお葬式の参列には付き物ですよね。

事実、そのような疑問を持つ方によって知恵袋やお葬式関連サイトで多くの質問がされているのです。

 

では、その疑問に回答させていただきましょう。

ずばり、”ケースバイケース”です。

 

「全然、ずばりではないんじゃない?」と思う方。

確かにそうですよね。

けれど、明確にこの範囲の人ならお葬式に参列するべき、という基準はないのです。

 

けれど、ケースバイケースなんて聞いても、「どの場合なら行くんだ!?」と思ってしまいます。

そこで、今回は一般的に皆はどうしているのか?ということを紹介していきましょう。

世間の基準に合っていれば、なんとなく安心できるはずです。

 

『お葬式コンシェル』が2015年4月13日~2015年4月27日に全国の男女100名に行ったアンケートがあります。

内容は「あなたの葬儀への参列基準、出席・辞退の境界線はどこまで?」というものです。

その結果、

・故人と知り合いかどうか:36名

・故人と面識がなくても親しい友人・知人関係の範囲までは参加:33名

・連絡が来たときのみ:22名

・その他:9名

となりました。

 

最も多かったのが、故人が面識のある知り合いの場合のようです。

そして、その次が故人が間接的でも関わりのある場合、遺族から連絡が来た場合と続きます。

 

ここで、注目したいのが、それぞれにそこまでの差がないことです。

つまり、様々な考えが存在するということですね。

 

しかし、多くの方たちに共通していた意見は、故人を悼む気持ちが存在しているのか、という点でした。

どうやら一番シンプルで純粋な気持ちである故人への想いが重要なのかもしれません。

 

 

1.2.お葬式に参列できない!こんな時どうすれば?

お葬式に呼ばれた→予定を確認→参列ができない。

そんな時も往々にしてあるものです。

 

それでも、お葬式に行けないという悔いは残ります。

けれど、実はお葬式に行けなくても、故人を悼む気持ちは伝えられるのです。

では、それには、どうすれば良いのでしょうか?

 

○欠席の連絡をする

お葬式へ呼ばれた場合、参列できないのであれば、当然、欠席の連絡をするのがマナーです。

そこで、ポイントなのが、簡単な欠席の理由を添えることです。

そして、ここで、具体的な理由は挙げず、「どうしても都合がつかず」や「やむを得ない事情があって」とするのが、良いでしょう。

長々とした具体的な理由は遺族の気分を害す可能性があり、失礼とされるからです。

 

○弔電を打つ

弔電は電報によってお悔やみの言葉を送るというものです。

NTTなどさまざまな会社で弔電は扱われています。

会社によってデザインや文字数が変わるので、その点も気にしつつ、送りたいですね。

 

○香典・供物・花・お悔やみ状を贈る

お葬式に参列しなくても、贈ることができるこれらのものは、弔意を示すこともできます。

・香典

現金書留で郵送する、知り合いの参列する人に預けて渡してもらう、という渡し方があります。

金額は、自分の年齢や故人との関係性によって変わります。

故人が親族であれば1万円~10万円程度、知人友人などであれば3,000円~1万円程度が相場でしょう。

 

・供物・花

供物や花を贈り、葬儀会場などに飾ってもらう、ということも目に見える弔意の伝え方として考えられる方法です。

ただし、注意しておきたいのは、故人の宗派によって贈るものが異なるということです。

自分で準備することも良いかもしれませんが、葬儀社に用意してもらうのが一番失敗しない方法かもしれません。

 

・お悔やみ状

お悔やみ状は香典や供物などと一緒に送るのが良いでしょう。

香典や供物だけの場合よりも、深く弔意が伝わります。

ポイントとしては、頭語や時候の挨拶などは書かず、遺族を気遣う言葉を書くことが良いとされます。

 

○後日、弔問する

自身で故人にお別れをしたい場合は、弔問をするのも考えられます。

遺族のご都合を伺って訪ねましょう。

間違っても、急に訪ねていく、ということは避けたいものです。

この時に、香典を渡したり、事前に香典を渡していても少額の供物を渡したりしても良いですね。

 

1.3.お葬式に参列したくない!これってありですか?

人が死んだのだから、参列すべき。

という一般的な意見はあるかもしれません。

けれど、「出来ればあの人と縁を切りたい。」「お葬式に行きたくない。」と思うほどの相手も一人くらいはいるのではないでしょうか?

そんな時は…?

 

このような状況について、「こうすれば良い!」と明言はできません。

しかし、「自分はこうした!」という、自分なりの対処を講じた方もいます。

その対処法は、香典を参列する人に渡してもらい、自分は出席しない、というものが多く見られました。

 

やはり、ある程度のマナーは守りつつ、接触を避けるというのが良いようですね。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket