お通夜の服装のマナー|喪主・遺族・参列者の3つの立場で総チェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

5. お通夜の参列者の服装はどうしたらいい?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

お通夜での参列者の服装は平服といっても略喪服を意味していると理解しましょう。

ただし、現在のお通夜では、参列者は葬儀・告別式に参列するのと同じ服装のマナーが求められていると考えておいた方が良いでしょう。

そのため一般参列者も準喪服の着用をおススメします。

 

ここでは男性の場合と女性の場合での参列者の服装として、準喪服について説明します。

 

5-1.男性のお通夜の服装はこうなってきた?

お通夜では地味な服装であれば喪服でなくても構わないとされていましたし、今でもそう説明される場合もあります。

通信インフラや交通手段が限られていた昔であれば、訃報に接したら本当に着の身着のまま駆け付けないと間に合わないこともあったと思われます。

しかし現在では突然の訃報に接し取り急ぎお通夜に参列する場合でも、着替える程度の時間的余裕は十分にあります。

 

そしてお通夜の変遷について説明しましたように、現在では葬儀・告別式に参列する代わりにお通夜に参列する人が増えています。

そうした現状を考えても、お通夜に参列する男性の服装はブラックスーツが基本と考えた方が良いでしょう。

 

具体的には以下のような服装になります。

ブラックスーツ:黒色のものが基本だが、濃紺やグレーの地味な色合いでも可能

ネクタイ:黒色のもの

ワイシャツ:白色のもの

靴下:黒色のもの

靴:光沢のない黒色のもの

その他:光る装飾類は身に付けない

 

5-2.女性のお通夜の服装はこれでいい?

お通夜に参列する女性の服装も、男性同様に葬儀・告別式に参列するのと同じような服装であることが現在のお通夜でのマナーにかなっています。

 

具体的には以下のような服装になります。

ワンピース、アンサンブル、 スーツなど:黒色のものが基本

ストッキング:黒色のもの

靴:光沢のない黒色のパンプスが基本。つま先が出るサンダル、ミュールなどは履かないこと

バッグ:黒色のもので、装飾の ないものが良い

その他:光る装飾類は身に付けない

 

5-3.お通夜の参列者として服装の何に気を付ける?

お通夜に参列する場合の服装に関する注意点をまとめて説明します。

 

お通夜の場にふさわしくないものは身に付けない

以下のものは身に付けたり持っていないように注意しましょう。

光沢のある物

ゴールドの時計やブレスレットなどのアクセサリー

指輪(結婚指輪以外は外しておく)

 

殺生を連想させるもの

毛皮のコートなど

動物や爬虫類系の皮と直感的にわかる皮革でできたもの

 

喪章について

喪章は遺族が付けるものです。

一般参列者が腕章を巻いていてはいけません。

 

男性の服装について

ネクタイピンはつけないのが通例とされています。

 

女性の服装について

どのような服装にしても肌を露出させないように配慮しましょう。

ネックレスでパールのものを着ける場合は、1連の物にします。

2連の物は不幸が重なることを連想させることからお通夜では着けてはいけません。

 

メークはできるだけ控えめにします。

髪の毛は黒いゴムやピンなどでまとめておくとお通夜の雰囲気に馴染みます。

香水の使用は控えましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket