お通夜の服装のマナー|喪主・遺族・参列者の3つの立場で総チェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

8. まとめ

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

お通夜の服装に対する考え方やマナーも時代とともに変わってきています。

お通夜では平服で良いと言われていても実際はそうではなくなりつつあります。

 

お通夜での服装はどうあるべきかについて喪主、遺族、参列者別に3つの立場からマナーにかなった服装について説明しました。

喪服にはいろいろと決め事が多いので、失礼に当たらない服装とはどのようなスタイルなのかしっかり見直しておきましょう。

 

喪主や遺族の場合は、お通夜であっても正喪服の着用が望ましいとされます。

もし喪主が正喪服の洋服を着るのであれば、遺族は喪主よりも格式が高くならないように正喪服の和服は着用せず、洋服にするようにしましょう。

 

お通夜の一般参列者は、準喪服を着用することが一般的になりつつあるという認識をもって、葬儀・告別式に参列するのと同じ気持ちで臨めば良いでしょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket