お通夜での線香のマナーや役割、御線香代の相場を一挙公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

身内や同僚に不幸があった時、お葬式では多くの場合、葬儀の前日にお通夜が執り行われます。

故人との関係性が深い程、お通夜から参列する可能性が高くなりますよね。

 

長く生きていればそれなりに親しい方との別れを経験するとは言っても、それも恐らく数えられるくらいで、お通夜での振る舞い方を本当によく知っている一般の方はそう多くはないのではないでしょうか。

お通夜では弔問客が線香をあげることで、故人との別れを偲び、故人が安らかに眠れるよう祈りを捧げます。

 

今回の内容は、家族や親戚がお通夜で線香をあげて故人の霊を弔うこと、また一方で、弔問客にはどのようなマナーが求められているのかについて詳しくご紹介したいと思います。

例えば、線香の役割やお通夜に参列した時の身だしなみ、持参すべき御線香代についてなど知るべきことは多々挙げられます。

 

この記事を読んで、お通夜における線香の意味や故人との関わり、その他線香に関わる事柄について詳しくなっていただけたらと思います。

 

— この記事の目次 —

1. お通夜における線香の意味ってなに?

2. 一読すれば必ず役立つお通夜に関するマナー4選

3. 御線香代の相場と包む時に気をつけるべき事柄

4. 御線香代の表書きはどうする?

5. お通夜で気になる、あれやこれ

6. お通夜と線香に関する3つの小話

7. 大切なペットとのお別れ〜お通夜・葬儀〜

まとめ

1. お通夜における線香の意味ってなに?

出典元:https://www.photo-ac.com

 

お通夜に行くと線香の独特の香りがすることが多いですよね。

線香と言えば、人を弔う時を連想しやすいですが、この線香の役割ってなんだかご存知ですか?

先祖代々祀ってあるお仏壇に何気なく線香をあげることってあるはずなのに、その行為の意味を知らないってなんだかおかしな話ですよね。

 

ここでは、お通夜の流れに軽く触れてから、線香の役割とは何であるのかについてご紹介していきたいと思います。

 

1-1. お通夜の流れをおさらいします

出典元:http://www.irasutoya.com/2015/09/blog-post_296.html

 

お通夜には、親族のみで通夜を行う「仮通夜」と一般の弔問客を招いて行う「本通夜」があります。

この内、一般的に言われるお通夜とは「本通夜」のことですが、この本通夜について流れを追ってみていきたいと思います。

 

1. 受付開始

一般的には開始30分前には受付を開始します。

 

2. 開式

喪主や遺族側の人間は祭壇に向かって右手側に、世話人や知人などの弔問客は左手側に着席します。

 

3. 僧侶の出迎え

僧侶を控室に通し、準備してもらった後に進行などの打ち合わせをします。

 

4. 僧侶による読経

僧侶が祭壇前に着席し読経が始まります。ここで、参列者は焼香の指示を受けてから順番に焼香します。

 

5. 閉式

参列者全員の焼香が終了後、お通夜は終了します。

 

6. 僧侶の退室

僧侶が退室します。

 

7. 喪主の挨拶

弔問客への感謝の言葉と通夜ぶるまいへの案内を行います。

 

8. 通夜ぶるまい

参列者への感謝の意を会食の席を設けて示します。

 

近年、お通夜は短時間で済ませるような傾向にあり、お通夜と葬儀・告別式を1日で終わらせてしまうことも多くなっています。

 

1-2. 線香には大切な役割があったのです

出典元:http://img01.gatag.net/201508/08copli/gatag-00013684.png

 

そもそも、線香は故人への供物です。

仏教の考え方の中に、「死後の人間が食べるのは匂いだけ」というものがあり、さらに「善行を積んだ者は良い香りを、悪行を重ねた者は悪臭を食べる」と言われています。

だからこそ、様々な香りのある線香が故人への供物の役割を持つのです。

 

また、先に触れた「仮通夜」では、亡くなったその日の夜に故人を見守り、故人と共に過ごすことが大切だとされます。

この時、昔からの慣習で線香の火を絶やさないようにするということが守られてきたようです。

どうしてこのような習慣が各地で根付いたのでしょうか。

 

諸説あるようですが、線香は一度火を灯すと燃え尽きるまで香り続けます。

その香りは仏様に届くだけではなく、部屋の隅々まで行き渡ることで部屋全体やそこにいる人達の身を清めると言われています。

また、その火が故人の霊魂が浄土へ無事にたどり着くまでの道を照らす光となると考えられていたりもするようです。

 

1-3. 線香の番に就いた時には・・・

出典元:http://illustrain.com/?p=19161

 

昔は線香の火で火事が起こらないようにという意味も兼ねて、故人の傍に線香の番なる者を置いていたそうです。

本当のところは、お酒などを嗜みながら夜を徹して故人との別れを偲んだ結果だと思います。

むしろ、一晩だけでは故人と慣れ親しんだ方々にとっては短い時間だったことでしょう。

 

今では自宅でお通夜自体を行う家庭も減少し、一晩中線香を焚いて寝ずの番をするということも無くなってきているようです。

行われる会場によっては、寝ずに番をしたくても宿泊を許可してくれない場合もあると聞きます。

さらには、寝ずに番をする事自体に意義を感じられない人も多いかもしれません。

 

時代の流れによって宗教観や死生観が変わっていくのはどうしようもありません。

もし自宅で寝ずに番をすることが難しいけれど線香の火を絶やさないようにしておきたい場合には、渦巻き型で持続時間が8時間以上ある線香も販売されています。

 

他にも、LEDを使用した電気タイプのろうそくや線香というものも商品として見かけます。

火災の危険には細心の注意をしていただきたいものですが、現在では必ずしも寝ずに番をする必要は無いようです。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket