お葬式の礼服で知っておきたいマナーを3つの格式別に徹底解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2. 礼服の格式ってどういうもの?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

礼服には格式があるということを耳にします。

お葬式で喪主が着ている礼服が、一番格式が高いのでしょうか?

そもそも礼服の格式には、いくつ階層があるのでしょうか?

以下に礼服の格式について詳しく説明します。

 

2-1.礼服にどうして格式があるの?

礼装に格式があるのは、儀式に参列しているそれぞれの人の立場を明確にするためとされています。

服装をみるだけで、この人の立場はどういう人か分かると応対を間違わずに済むからです。

 

お葬式で言えば、喪主の礼服の格式が最も高く、次いで遺族や親族、そして一般参列者という順になります。

そのため服装に違いができて、格式として広く認知されるようになりました。

 

お葬式の礼服の格式としては以下のように三段階あります。

正喪服(洋装/和装)

準喪服(洋装/和装)

略喪服

 

ただし喪主は必ず格式が一番高い正喪服を着用しなければいけないということはありません。

実際、最近は喪主も準喪服を着用することが多くなっています。

逆に、一般参列者が正喪服を着用することはありません。

 

2-2.礼服の格式の具体的な違いは?

ここからは、お葬式の礼服の格式の違いについて説明します。

 

正喪服

一番格式が高い喪服です。

お葬式の葬儀や一周忌までの法要において、喪主や親族などが着用します。

 

準喪服

一般的な喪服です。

お通夜、お葬式で一般参列者が着用します。

現代では、喪主や親族が着用することもあります。

 

略喪服

取り急ぎの弔問や、三回忌以降の法要で着用します。

略喪服の色は黒が基本ですが、濃紺や暗い色合いの控えめなものであればマナー違反にはなりません。

 

2-3.慶事と弔事で礼服はどう違うの?

ブラックフォーマルと言われる漆黒の黒の礼服であれば、喪服と同じとして使えます。

しかし、礼服の中にはブラックフォーマルの他にカラーフォーマルといわれる服もあります。

明るい黒や、黒に別の色が含まれている服も礼服として販売されています。

 

そのため、以下のように考えておくと良いでしょう。

漆黒の黒の礼服(ブラックフォーマル)は喪服として使えます。

漆黒の黒以外の礼服(カラーフォーマル)は喪服として使えません。

 

ブラックフォーマルという名前の礼服で明るめの黒が販売されている場合は、喪服として使えるか店員さんに確認してみると良いでしょう。

 

なお、礼服と喪服についてさらに詳しく知りたい人はこちらの記事もご参照ください。

喪服のマナー最新保存版!葬儀の服装や身だしなみはこれで完璧!

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket