話題の臨海斎場!5つの人気の秘密と気になる料金を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

5. 臨海斎場人気の理由④:利用メニューが多い

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

臨海斎場の人気の秘密の4つ目のポイントとなるキーワードは「多様な利用が可能」になります。

 

5ー1.葬儀の様々な形態

最近は家族葬や直葬(火葬式)など、お葬式の形態も多様化しています。

臨海斎場は火葬場併設の斎場であることの利点を活かして、様々なニーズに対応できる斎場となっています。

 

比較的小規模なお葬式には、直葬(火葬式)・密葬・家族葬・親族葬などがあります。

中規模なお葬式には、一般葬・独自形式葬・無宗教葬などがあります。

大規模なお葬式には、社葬や合同葬があります。

 

臨海斎場は小規模なお葬式から社葬などの大規模なお葬式まで対応できます。

ただし、ほとんどの場合は葬儀業者経由で申し込みますので、葬儀業者の担当者が臨海斎場の必要な施設の予約をします。

規模の大きなお葬式の場合は、式場を2部屋確保して中仕切りを外して広く使えようにしたりします。

 

棺・霊柩車・食事などの手配も葬儀業者がするもので臨海斎場では取り扱っていません。

 

5ー2.臨海斎場で通夜はできる?

臨海斎場で通夜をすることができます。

ただし臨海斎場は宿泊施設ではないので、宿泊ではなく仮眠を取るという扱いになります。

遺族等控室を使用しますので、仮眠を取れるのは5名までになります。

 

寝具・タオル・洗面用具等の宿泊に必要なものは用意されていません。

ただし売店で手配することができますので実質的には問題ありません。

 

5ー3.臨海斎場で葬儀はできる?

臨海斎場は火葬場併設の斎場ですので、葬儀は問題なくできます。

ただし臨海斎場では出棺後の式場利用ができないルールになっています。

 

したがって、繰り上げ初七日の法要なども葬儀の中で行います。

精進落としの会食も火葬中となりますので、火葬場と斎場が別の葬儀の場合よりは時間的に前倒しになっている感じとなります。

臨海斎場は式場のすぐ隣が火葬炉ですから、出棺後に故人を見送り控室に戻って会食という流れになるためです。

 

5ー4.臨海斎場で直葬(火葬式)はできる?

臨海斎場は火葬場を併設していますので、火葬のみの直葬(火葬式)は問題なく対応できます。

直葬(火葬式)とは、一般のお葬式と比較して通夜・葬儀・告別式がないものです。

実際は通夜だけはやるなど、その家々や喪主の意向により様々なバリエーションがあります。

 

通常は担当している葬儀業者が、喪主の要望に合わせて臨海斎場の必要な施設を予約して直葬(火葬式)をおこないます。

 

5ー5.臨海斎場で家族葬はできる?

臨海斎場では、家族葬も問題なくできます。

10基の火葬炉と4つの葬儀式場がありますので、喪主の意向にあった規模で家族葬を実施することが可能なためです。

 

最近増加しつつある家族葬についても、臨海斎場で行う場合のメニューを用意している葬儀業者がたくさんあります。

臨海斎場に慣れている適切な業者を選ぶと良いでしょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket