略式喪服とは?身だしなみとマナー/シーン別の相応しい喪服を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

6.小物にも気を配ろう!


出典元:https://www.reifuku-rental.com/blog/reifuku99/387/

 

小物類は意外と人目につきますし、目立つものです。

喪服を着る際には、持ち物にも気を配っておきましょう。

 

6-1うっかり忘れやすいハンカチの選び方

お葬式の場で思わず涙をこぼしてしまったり、夏場に汗をふいたり、トイレ後に使用したり、意外に使用頻度が高いのがハンカチです。

普段使っている華やかな色の柄物のハンカチをバッグの中に入れていて、取り出したときに「しまった」と思わないためにも、ハンカチにも気を配っておきたいものです。

 

ハンカチは色物は避け、黒・白・グレーなど、シンプルなものを選びましょう。

百貨店ではフォーマル用のハンカチが販売されていますので参考にしてみてもいいですね。

全体的に、装飾の施されていないもの、華美な印象がないものを選びましょう。

 

6-2天気が悪い日は傘にも注意

お葬式の日に雨が降ったり、天気が不安定になったりすることがあります。

傘も黒無地であれば無難ですが、黒色ではなくても、紺色などの地味な色であれば特に失礼にはあたりません。

もしそういった色の傘を持っていない場合は、コンビニに透明のビニール傘や黒い傘が販売されていますので、それらを使うのでも問題ありません。

 

傘をさしていても、受付で預けることになりますので会場に入ってしまえば、式の本番に影響するものではありません。

とはいえ、明るい色の派手な傘や柄物は避けたほうが良いでしょう。

 

6-3バッグは布製のものが基本


出典元:https://you-know-m.com/sousiki7-134

 

男性はフォーマルな場では、基本的にはバッグを持たず、手ぶらが望ましいです。

持ち物は、ふくさに包んだ香典と、数珠、ハンカチ、携帯と財布程度ですので、スーツの内ポケットなどに入れておきます。

 

女性は、黒の布製バッグが正式なマナーです。

通常、フォーマル用のバッグは黒の布製で、外側に金具がなく、装飾も華美でないシンプルなデザインのものが多いです。

持っていない場合は、一つ用意しておくと様々なフォーマルな場で使えて便利ですので、おすすめです。

 

一般的なバッグといえば革製のものが多いですが、お葬式では殺生をイメージさせるものは避ける考え方があり、バッグは布製のものがベストです。

ただし、最近では黒いシンプルな革製のものであれば問題ないとされるようです。

 

その場合でも、ワニ皮やヘビ革、クロコダイルの型押しなど、明らかに動物のものだとわかるものは避けた方がよいので注意してください。

光沢のある素材もNGです。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket