斎場・葬儀場・火葬場の違いと利用法を分かりやすく解説いたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

急にお葬式を営まなければならなくなったとき、あるいは生前にお葬式の準備をするときに、まずネットで調べてみる方は多いのではないでしょうか。

そのときに、見慣れない言葉が並んでいて戸惑われる場合があると思います。

特に、葬儀や火葬を行う施設には斎場、葬儀式場、式場、葬儀場、葬祭場、火葬場、聖苑、セレモニーホールなどさまざまな名称があります。

 

これらにはどのような違いがあるのでしょうか?

この記事では、これらの違いを分かりやすくお伝えいたします。

また、この中の特に「斎場」について、施設や利用法、メリット・デメリットなどを詳しく解説していきます!

 

— この記事の目次 —

1.斎場とは一体どういうもの?

2.斎場の施設内容と特徴を見てみましょう

3.メリットの大きい公営斎場とは?

4.民営斎場とはどんなもの?

5.斎場はどうやって選ぶ?

6.斎場についてのその他の疑問にお答え!

7.海外の斎場にはどんなものがあるの?

8.まとめ

1.斎場とは一体どういうもの?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

「斎場」は普段の生活ではあまり目にしない言葉ですね。

「斎」と「場」という字でできていますが、「斎」とは何でしょうか?

この章では「斎場」の本来の意味や、葬儀場など他の言葉との区分を見てみましょう。

 

1.1 もともとは祭祀を行う場所

もともと「斎場」は神道の言葉で、儀式や祭祀を行う清浄な場所のことです。

「斎」には、心身をつつしみ清浄にして神に仕えることやその人、また神をまつる場所という意味があります。

 

神社もそうですが、葬儀のための仮設の建物や葬儀を行う自宅も斎場と呼びます。

古代の日本では神道の儀式にのっとって葬儀が行われていましたが、死はうつるものであり、穢れと考えられていたため、それを神社に持ち込まないよう斎場で行ったのです。

神社が穢れを嫌うのは、清浄なものに神が宿るとされているからです。

 

昭和天皇が崩御された(亡くなられた)ときは、まず殯宮(もがりのみや)に安置され、後に新宿御苑を斎場として葬儀が行われました。

また、青山霊園は当初、神道の葬儀(神葬祭)の斎場・墓地として作られました。

 

1.2 現代の斎場とは何を指すの?

このように斎場は葬儀を含む祭祀を行う場所のことでしたが、次第に火葬場の名称になっていきました。

「火葬場」という言葉が地域のイメージダウンにつながると考えられたため、住民の心情を考慮して、「斎場」となったのです。

今は葬儀や法事のみ行う施設や、火葬のみ行う施設にも斎場という名称が使われていますが、どちらかと言えば「葬儀と火葬のどちらも行うことができる施設」につけられているのが一般的です。

この記事ではこうした事情を考慮し、「斎場=葬儀と火葬のどちらも行える施設」としてその種類や利用法などを解説していきたいと思います。

 

1.3 葬祭場・式場・葬儀場・火葬場って?

斎場という名称は今では、主に火葬と葬儀を同時に行うことができる施設に使われていることが分かりました。

では、葬祭場や式場などの名称はどうでしょうか。

 

式場は、冠婚葬祭の儀式を全般的に行うことができる施設です。

葬儀式場・葬儀場・葬祭場・葬儀会館・セレモニーホール・メモリアルホールなどは主に、冠婚葬祭の中でも弔事に特化した施設となります。

これらは名称こそ違うものの、みな同じ意味合いなのです。

 

この他に弔事を行う施設としては、寺院会館があります。

聖苑は主に火葬場につけられる名称です。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket