散骨しようと思った時に知っておくべき7つのポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

いま、新しい埋葬の形として「自然葬」が人気となっています。

自然葬にはいくつもの種類があり、遺骨を埋葬し墓標の代わりに樹木を植える「樹木葬」が代表的ですが、遺骨を粉末化し海や山に撒く「散骨」を選ばれる方も年々増加しています。

 

亡くなったあとには火葬し、一定期間を経て「お墓」へ遺骨を納めるという考え方が、今までの日本では一般的で当たり前のことでした。

お墓を作らず(納めず)その遺骨を「散骨」するという自然葬について、それが受け入れられ拡まっている理由はどういうところにあるのでしょうか?

故人の遺志で「散骨」を行う場合、また自分が散骨を希望する場合に知っておくべきこととは?

 

○遺骨を撒くことに法律上の制限はあるの?

○「散骨」にはどのような届け出やルールが必要なの?

○「散骨」はどこでもできるの?禁止されてる場所はあるの?

○「散骨」するためには、どのくらいの費用がかかるの?

 

現代日本の「散骨」事情について調べました。

 

— この記事の目次 —

1.「散骨」が注目されている3つの理由

2.「散骨」を行う時に注意するポイント5つ

3.遺族間でのトラブルも!「散骨」を正しく理解

4.「散骨」にもこんなに種類が!その方法とルール

5.亡くなってから「散骨」するまでの流れを知ろう

6.「散骨」するにはいくらかかるの?

7.「散骨」で守るべき4つのルールとマナー

8.まとめ

 

1.「散骨」が注目されている3つの理由


出典元:https://www.photo-ac.com/

 

「散骨」とは「自然葬」のひとつで、火葬されたあとの「遺骨」を粉末状に細かく砕いた状態にし、それを海洋や山などに撒く「お見送りの方法」です。

「散骨」する場所は、海や山などが自然に還るというイメージが強く、人気が高まっています。

 

1-1 いつごろから拡まったのか

いわゆる「お墓」とは、「故人の遺骨を土中に納め、その上に石塔(墓碑、墓石)を建てて供養する」というものですが、このスタイルが生まれたのは江戸時代の中期ごろではないかと考えられています。

それまでの古来の日本では、支配者・上流階級(貴族や武士など)以外は、墓碑を建てることはできませんでした。

今でこそ、日本においては当たり前のように思われている「亡くなったあと家族がひとつのお墓に入る」という考え方は、実は明治以降に広まったまだ100年ほどの新しい習慣のようです。

 

高度経済成長を経て日本は豊かになり、墓地が整備され、一般庶民がお墓を自由に建てられるようになり、「死んだらお墓に入ること」が一般的になりました。

もともとは「一族」を象徴するものでしたが、戦争を経て新しい法律が整備され、家族構成などの形態も変化したことから一族から一家へ、そして個人のお墓へと様変わりしてきました。

 

1-2 故人・遺族の想い

日本の近代化が進むにつれ家族の形態が変化し、「家」単位の「お墓」という固定概念から離れ、自分の死後にどうありたいか(自分の願う通りにしてもらいたい)と考える人が多くなってきました。

その想いの中にあるものは「お墓を作りたくない(入りたくない)」「自然に還りたい」という強い気持ちであり、遺族もその気持ちを尊重することができる時代に変わってきたと言えます。

 

その気持ちの他にも、親世代には「子どもに墓のことで苦労させたくない」という配慮もあるようです。

 

こういう社会問題を目の当たりにし、お墓を維持管理することの負担について考え始めている人が増えています。

 

1-3 社会背景と経済的事情

日本は国土が狭いために、墓地などは限られた場所にしか造ることができません。

郊外の山林を切り開いて墓所を造成する場合には、自然破壊などの問題にも直結してしまいます。

都市部では土地が高価なため、新たな墓所は造成が困難で、あったとしても非常に高価格なのが実状です。

 

また、お墓を建てるということは、そのお墓を守り続ける・管理し続けるということでもありますが、少子高齢化や単身者の増加により、この「墓守」(お墓の継承)も重大な危機を迎えています。

 

先祖代々のお墓を守り続けても、子孫が絶えてしまったら「墓じまい」という責任を果たさなければなりません。

費用もかかりますし、(自分の代で)という精神的負担も大きくなります。

 

「散骨」というお墓を持たない選択については、これらの個人的な気持ち、高価なお墓が建てられない経済的事情、維持管理が困難な社会的背景が大きく影響していると言えます。

「自然に還る」という良いイメージも相まって、そのスタイルが注目され、人々のニーズが高まってきたのは自然な流れなのかもしれません。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket