神葬祭、参列するときに知っておけばもう困らない、6つの知識!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

神葬祭とはどういうものでしょうか?

いざ、神式の葬儀に参加する必要が出た時に、仏式とどう違うのかわからずに困ってしまうこともあると思います。

それらはこの記事の中に記載してある、神葬祭に関する流れやマナーなどを読むことで、自然と身につけることができます。

 

しっかりと読んでいくことで、神葬祭へ参加するときの戸惑いや、わからなくて困る疑問などもぐんと減らせると思います。

このページが何かしらのお役に立てば、とても光栄です。

 

— この記事の目次 —

1神葬祭とはどういうものなのか?

2神葬祭、どういう流れで進むものなのか?

3「葬場祭」の流れとは

4神葬祭の歴史とは?

5神葬祭、使ってはいけないものやことばとは

6神葬祭についての色々

7まとめ

1神葬祭とはどういうものなのか?

出典元:https://www.pakutaso.com/20161202340post-9734.html

 

神葬祭とは、日本固有の宗教である神道による葬儀のことです。

神葬祭に死者を弔うという性質はないため、仏式の葬儀とは大きく違います。

一つ一つ見ていきましょう。

 

1-1神葬祭の意味、性質とは?

神葬祭とは故人にその家の子孫と繁栄を見守るための守護神となってもらう儀式のことです。

もともとは、仏教の葬式と区別するためにつけられた名称です。

 

1-2仏教の葬式とはどう違う?

仏教の葬式との違いとは、仏教の葬式が故人を仏弟子としてあの世へ送り出すのに対して、神葬祭では故人を、一族や家の守り神に祀り上げるという大きな違いがあります。

細かな点で言えば、場所も異なります。

仏教の葬式はお寺でも行えますが、神葬祭は神社では行えません。

なぜなら神社にとって「人の死」とは、「穢れ」であり、神社の神域内には決して持ち込ませてはいけないものだからです。

 

簡単に違いを述べていきますと、

(1)神道では戒名や法名ではなく諡(おくりな)をつける、またその際に料金は発生しないこと

(2)線香は使わない、代わりに玉串という榊(さかき)などの木の枝に紙垂(しで)をつけたものを奉じること

(3)仏壇ではなく祖霊舎(みたまや)を用意すること

などです。

 

1-3「ご先祖さま」という考え方について

私たちが「ご先祖さま、ありがとうございます」と口にするとき、そこには、神道の基本的な考え方であるところの神を敬い祖先を大事にしようという気持ちが自然に表れています。

死後祀られた先祖が一族を守る祖霊神となって見守ってくれる、という考え方です。

 

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket