死体安置所に安置する流れや場所による違い、自宅に安置する方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

突然家族が亡くなられたとき、葬儀までの流れはなかなかわかりづらいものです。

特にご遺体をどうするのか、どこに安置するのかというのは大きな問題です。

どの死体安置所に安置するかによって、料金や、遺族の面会のしやすさも変わってきます。

 

遺族によっては自宅に安置されたい方もいらっしゃいますし、意見も人によってさまざまです。

そこでここでは、死体安置所の違いによるメリット・デメリット、自宅で安置する場合の注意点、それぞれにかかる費用などをお伝えします。

いざというときのために、参考にしていただければと思います。

 

— この記事の目次 —

1.自宅で亡くなったときに死体安置所に安置するまでの流れは?

2.病院で亡くなったときに死体安置所に安置するまでの流れは?

3.葬儀社・民間の斎場の死体安置所に安置してもらうには?

4.公営斎場の死体安置所に安置してもらうには?

5.ご遺体を自宅で安置するときの注意点は?

6.ご遺体を安置してくれる民間のサービスとは?

7.直葬の場合の死体安置はどうする?

8.まとめ

 

1.自宅で亡くなったときに死体安置所に安置するまでの流れは?

出典元:https://www.photo-ac.com/

自宅で家族が亡くなったときなど、悲しいのはもちろんですが、どうしたらいいのかあわててしまうと思います。

まずどこに連絡すればいいのか、死亡診断書のもらい方、そしてご遺体を死体安置所に搬送するにはどうしたらいいのかを解説したいと思います。

 

1.1 事件性の確認!主治医か警察に連絡を

まず、亡くなられた方が持病などで病院にかかられていて、その病気が原因で亡くなった場合は主治医に連絡してください。

診療を行った日が死亡した日に近い場合は、死亡診断書を作成してもらえます。

 

持病が原因でない場合(事故など)は警察を呼ぶことになります。

この場合は絶対に、ご遺体を動かしてはなりません。

警察に叱られます。

救急車を呼んで亡くなっていることがわかった場合も、警察を呼ぶことになります。

 

警察は事情聴取などを行いますが、仕事でやっていることですので、我慢するしかありません。

警察は事件性がないことが分かると、「死体検案書」を作成します。これは死亡診断書と同じものです。

 

1.2 死亡診断書をもらい、死亡届を提出しよう

医師や警察に、死亡診断書または死体検案書をもらったら、役所に死亡届を提出しなければなりません。

この時点で葬儀社に連絡すれば、代行してもらえます。

葬儀社を通さない場合は、自分で届け出なければなりません。

 

死亡診断書(死体検案書)の紙の左半分が死亡届となっていますので、それを遺族が記入します。

それを本籍地、亡くなった場所、現住所地のいずれかの役所に7日以内に提出します。

そうすると役所から火葬許可証が交付されますので、空いている斎場に予約をとります。

 

なお、役所に書類が提出されると故人の預金や貯金が凍結されると言われていますので、葬儀代などは引き出しておいた方がいいでしょう(筆者の家族の時は、こちらで銀行や郵便局に連絡するまで凍結されていませんでした。しかしそうでない場合もあるのかもしれません)。

 

1.3 遺体の安置所は自宅?施設?それぞれの注意点とは?

ご遺体を安置する場所は、ゆっくりとお別れをしたい方は自宅を選ぶとよいでしょう。

ただ、自宅の場合はさまざまな処置をしなければなりませんので(後の章で説明いたします)、どちらにしても、葬儀社を呼ぶことをおすすめします。

 

葬儀社を呼ぶとその葬儀社の遺体安置所に搬送になる場合がほとんどです。

斎場や火葬場など、他に安置したい場所がある場合は葬儀社の方に相談してみましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket