初七日から四十九日までの遺族の心構え、流れや基本がよくわかる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

近しい人を亡くして、慌ただしい中でお通夜、葬儀・告別式を済ませ、無事に終わったのでほっと一息・・・というわけにもいきません。

葬儀のあとにも、初七日、四十九日などの法要があるのです。

 

これは、故人が極楽浄土へ行けるように、成仏できるようにと願って行うもので、ご遺族は初七日、四十九日法要までに位牌やお仏壇の手配などさまざまな準備を進めなければなりません。

 

宗教や宗派によって多少異なりますが、ここでは仏教を中心に、初七日や四十九日の一般的な流れをご紹介しています。

葬儀が終わって一段落と思っていたら短期間で次の法要が待っていた!どうしたらいいんだろう?と慌てなくてもいいように、参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.初七日、四十九日とはどういうもの?

2.遺族の心得、準備はなにが必要?

3.初七日、四十九日の流れが知りたい!

4.初七日、四十九日の香典はどうしたらいい?

5.お布施について知りたい!

6.初七日、四十九日法要の服装が知りたい!

7.まとめ

1.初七日、四十九日とはどういうもの?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

仏教では、故人が極楽浄土へ行けるようにと、7日ごとに供養を行います。

 

日数の数え方は、基本的には亡くなった日を1日目とし、7日目が初七日法要で、49日目が四十九日法要となります。

例えば、12月1日に亡くなった場合は、初七日法要は12月7日に行います。

 

しかし、地域によっては亡くなった前日を1日目として数えることもありますので、ご自身の地域ではどうなのかお坊様や葬儀会社のスタッフなどに確認をしておきましょう。

ここでは、亡くなった日を1日目とする数え方で説明をしていきます。

 

1.1初七日はどういう日?

亡くなって最初に行われる法要が「初七日法要」で、この日は故人が三途の川のほとりに到着する日といわれています。

 

三途の川では、故人の生前の罪の重さによって渡れる場所が決められます。

罪が重い人は激流を、軽い人は急流を、善人は緩流(橋を渡るともいわれています)を、故人がどこを渡るべきなのか、裁きを受けるのです。

 

初七日法要を行うことによって、故人が緩流を渡れるようにお願いをするのです。

 

ただ、仏教の中でも、浄土真宗は亡くなってすぐに極楽浄土へ行けるとされていますので、初七日法要は故人への感謝や、信仰を深めるための場と考えられています。

 

現代では、亡くなってからきっちり7日目に初七日法要をすることはほとんどありません。

葬儀・告別式が終わって再び親族が集まることが大変ですので、多くの場合、葬儀・告別式と同じ日に初七日法要を行うことが多くなっています。

 

1.2四十九日はどういう日?

初七日から7日ごとに、故人は生前の罪をあの世で裁かれるといわれています。

 

四十九日は、最後の裁きがなされ、来世の行先が決まる最も重要な日とされています。

ご遺族や親族だけではなく、故人と親しかった人を招いて法要を行い、故人が極楽浄土へ行けるように願うのです。

 

四十九日をもって忌明け(きあけ)となり、故人の魂が家を離れてあの世へ行くと考えられており、喪に服していた遺族は日常生活に戻ります。

 

本来であれば、亡くなってから49日目に行うのが望ましいのですが、現代社会では諸事情がありなかなか難しいですよね。

そのため、きっちり49日目ではなく、法要の日を週末などにずらすこともあります。

 

49日を過ぎてからの法要は良くないとされていますので、週末にずらす場合は、49日よりも早めに行うようにします。

 

1.3初七日と四十九日の間にもなにかあるの?

7日ごとに生前の罪を裁かれていますので、ご遺族は7日ごとに法要を行うか、お線香をあげたり、お参りをします。

葬儀・告別式のあと、ご遺骨や遺影、白木のお位牌はすぐに仏壇に置くのではなく、中陰壇という祭壇を用います。

 

仏教では四十九日までは故人があの世とこの世をさまよい、7日ごとに裁判を受けているとされており、この49日間を「中陰」と呼びます。

中陰の期間中は、中陰壇の前でお線香をあげたり、お参りをすることになります。

 

7日ごとの裁判は「十王」と呼ばれる10人の裁判官が行います。

裁判ではどのようなことを決めているのか、説明いたします。

 

十王の裁判は必ずしもここでご紹介したとおりに行われるわけではありません。

史料によって多少異なる部分がありますので、ご了承ください。

 

・7日目(初七日・しょなのか)

三途の川の、どこを渡っていくのかが決まります。

十王の一番目の裁判官「秦広王(しんこうおう)」が、故人が決められた三途の川の場所を正直に渡っているかを見ています。

葬儀・告別式と同じ日に行われることが多いです。

 

・14日目(二七日・ふたなのか)

生前に無益な殺生をしていないかが審理されます。

十王の二番目の裁判官「初江王(しょこうおう)」が、故人が動物や虫などをいじめたり、殺したりしていないかを審理します。

ご遺族、親族だけで供養します。

 

・21日目(三七日・みなのか)

生前の邪淫、不貞行為などについて審理されます。

十王の三番目の裁判官「宗帝王(そうたいおう)」が、故人が不貞行為を働いていなかったか、邪淫におぼれていなかったかなどを審理します。

ご遺族、親族だけで供養します。

 

・28日目(四七日・よなのか)

故人が嘘をついていないか調査します。

十王の四番目の裁判官「五官王(ごかんおう)」が、裁判の中で嘘をついていないかを調査します。このとき、もしも嘘をついても、必ず嘘がばれて罪が重くなるだけだといわれています。

ご遺族、親族だけで供養します。

 

・35日目(五七日・いつなのか)

これまでの裁判と、その時の故人の態度、反省しているかなど、総合的に判断されます。

十王の五番目の裁判官「閻魔大王(えんまだいおう)」が、総合的に判断をして故人に審判を下し、地獄に堕ちるのか、来世に生まれ変わるのかが決まります。

ご遺族、親族だけで供養します。宗派によってはこの日が忌明けとなります。

 

・42日目(六七日・むなのか)

十王の六番目の裁判官「変成王(へんじょうおう)」が、来世に生まれ変わる場所を決めます。

ご遺族、親族だけで供養します。

 

・49日目(七七日・なななのか)

十王の七番目の裁判官「泰山王(たいざんおう)」が、来世はどのような姿で、どれくらいの寿命で生まれ変わるのかを決めます。

四十九日をもって、故人の裁判が終わり、忌明けとなります。

 

一般的に、故人の裁判は四十九日で終わりますが、四十九日までに判決が出なかった場合や、再審が必要な場合は裁判が延長されます。

 

その場合、百か日では八番目の裁判官「平等王(びょうどうおう)」が、一周忌では九番目の裁判官「都市王(としおう)」が、三回忌では十番目の裁判官「五道転輪王(ごどうてんりんおう)」が裁判をするといわれています。

 

故人が裁判を受ける日に合わせて、故人が極楽浄土へ行けるように、7日ごとの供養を行います。

ご遺族が供養をすることで、故人の罪が軽くなったり、救済されたりすると考えられています。

 

この時、毎回僧侶を招いて読経していただくこともありますし、地域やお寺さんとの関係によっては、ご遺族が不在でも僧侶が読経にいらっしゃることもあるようです。

どのようにすればいいか悩んだ場合は、僧侶と相談をして決めていきましょう。

 

一般的に、四十九日で忌明けとなりますが、この期間は結婚式などお祝いごとへの出席は控え、神社を参拝するのも控えるようにします。

 

1.4四十九日の後にもなにかある?

四十九日で忌明けとなったあとは、100日目に百か日法要があります。

 

百か日は「卒哭忌(そつこくき)」ともいい、ご遺族や親族など身内で法要を行い、泣いたり悲しむことに区切りをつける日とされています。

仏教では、そのあとにも「年忌法要」というものが続きますのでご紹介します。

 

一周忌・・・命日(亡くなった日)から1年目。ご遺族や親族だけではなく、故人と親しかった人を招いて行います。僧侶の読経、焼香、会食などをします。

 

三回忌・・・命日から2年目。ご遺族や親族だけではなく、故人と親しかった人を招いて行います。僧侶の読経、焼香、会食などをします。

 

七回忌・・・命日から6年目。ご遺族と親族だけで行います。僧侶の読経、焼香、会食などをします。七回忌のあとは、法要の規模が縮小していきます。

 

十三回忌・・・命日から12年目。ご遺族と親族だけで行います。僧侶の読経、焼香をします。

 

十七回忌・・・命日から16年目。ご遺族と親族だけで行います。僧侶の読経、焼香をします。

 

二十三回忌・・・命日から22年目。ご遺族と親族だけで行います。僧侶の読経、焼香をします。省略されることもあります。

 

二十七回忌・・・命日から26年目。ご遺族と親族だけで行います。僧侶の読経、焼香をします。省略されることもあります。

 

三十三回忌・・・命日から32年目。ご遺族と親族だけで行います。僧侶の読経、焼香をします。

 

五十回忌・・・命日から49年目。ご遺族と親族だけで行います。僧侶の読経、焼香をします。

 

宗派によって年忌明けが異なりますが、一般家庭では三十三回忌が「年忌明け」になる場合が多いようです。

 

法要の日程は、命日からきっちり〇年目という風にできるものではありませんので、ご遺族や親族の都合に合わせて週末に行うことがほとんどです。

そのような場合は、命日よりも前に行えば良いとされています。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket