初七日から四十九日までの遺族の心構え、流れや基本がよくわかる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

7.まとめ

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

今回は、初七日と四十九日についてお伝えしましたが、それ以外にも7日ごとに法要がありますし、四十九日の法要が終わっても、百か日、一周忌、三回忌・・・と節目ごとに法要が行われます。

 

基本的に、法要は菩提寺にお願いすることになりますので、ひとつの法要が終わるごとに、僧侶に「次はいつ、なにをすればよいでしょうか?」と相談すると良いでしょう。

 

初七日と四十九日は、故人にとってはとても重要な日になります。

ご遺族は故人が極楽浄土へ行けるようにと願いながら、法要を行います。

 

7日ごとの法要は現代社会ではなかなか難しく、省略される場合もありますが、中陰壇の前でお参りをすることは忘れずにいたいですね。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket