初七日法要の疑問を100%解消!意味やマナー、お布施の相場は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

葬儀の後に最初に行われる法事が「初七日法要(しょなのかほうよう)」です。

死後四十九日までに行われる法要は、現代では忙しいなどの理由から省略されることが多くなっています。

しかし初七日法要は重要視されており、省略されることはめったにありません。

 

この記事では、そんな初七日法要とはどんなものなのか、その意味や流れ、マナーなどについてお伝えいたします。

葬儀や初七日法要を営まれる際に、お役立ていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.初七日法要とは?

2.初七日法要の流れは?

3.お布施やその他のお礼、お香典、服装はどうする?

4.初七日のお供えやお花はどんなもの?

5.精進落としの意味やマナーは?

6.忌中・喪中にやってはいけないことは?

7.仏教の供養の豆知識をご紹介!

8.まとめ

1.初七日法要とは?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

最初に、初七日法要の意味や由来などを抑えておきましょう。

初七日法要にはどんな意味があるのでしょうか。

また、どんな由来があるのでしょうか?

 

1.1 初七日法要の読み方や意味は?

初七日法要は「しょなのかほうよう」と読みます。

亡くなってから7日目を初七日(しょなのかまたはしょなぬか)と言い、その日に行われる法要のことを、初七日法要と言います。

地域によっては亡くなった前日から数えることもあり、その場合は死後6日目が初七日となります。

初七日法要は「忌日法要」の一つです。

 

1.2 忌日法要とはどんなもの?

では、忌日法要とはどんなものなのでしょうか。

仏教では死後49日の間、7日置きに7回、法要を行います。

これを忌日法要(きじつほうよう・きにちほうよう)と言います。

 

人は亡くなるとさまよい、49日目に生まれ変わるとされています。

このさまよう期間を中陰(ちゅういん)または中有(ちゅうう)、中蘊(ちゅううん)と言います。

 

この期間のあいだに死者は7回裁判を受け、その結果で次の転生先(生まれ変わった先の世界)が決まるのです。

転生先には地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の6つ(六道)があり、今私達がいるのが人間という世界です。

裁判の結果は生きているときの行いと、「追善供養」によって左右されます。

 

追善供養とは、遺族などが故人の成仏のために善行を積むことで、読経したり、法要を行うこともこれに含まれます。

死者がより高い次元の世界に生まれ変わることができるように、7日置きの裁判ごとに現世で忌日法要を行うのです。

※浄土真宗には追善供養の考え方はありませんが、死者を偲ぶ意味で忌日法要が行われます。

 

裁判の行われる49日の間を忌中(きちゅう)と言い、この間はお祝い事や神社への参拝などをしてはいけない忌服(きふく)の期間とされています。

49日目は忌明け(きあけ)で忌服の期間が終わります。

また、中陰が満ちるという意味で満中陰(満中陰)とも呼ばれています。

この日は最後の判決が下される日であるため、最大の法要(四十九日法要)が行われるのです。

 

忌日法要には以下のような種類があります。

死後7日目:初七日法要 別名 初願忌(しょがんき)または所願忌(すげんき)

近年では葬儀当日に行われることが多くなっています。

 

死後14日目:二七日(ふたなのか)法要 別名 以芳忌(いほうき)

最近では省略されることの多い法要です。

 

死後21日目:三七日(みなのか)法要 別名 洒水忌(しゃすいき)

最近では省略されることの多い法要です。

 

死後28日目:四七日(よなのか)法要 別名 阿経忌(あぎょうき)

最近では省略されることの多い法要です。

 

死後35日目:五七日(いつなのか)法要 別名 小練忌(しょうれんき)

この日を忌明けとする地域もあり、初七日法要や四十九日法要に次いで重要視されている法要です。

 

死後42日目:六七日(むなのか)法要 別名 檀弘忌(だんこうき)

最近では省略されることの多い法要です。

 

死後49日目:七七日(なななのか)法要 別名:四十九日法要、忌明け法要、満中陰、大練忌(だいれんき)

死後49日目をもって忌明けとするため、特に重要視されている法要で、この法要と同時に納骨が行われることも多いです。

 

1.3 忌日法要の由来とは?

忌日法要は、古代インドのバラモン教が由来となっています。

インドにはカーストという一生変えられない身分制度があり、バラモン教を信仰し徳を積むことで、良い階級に生まれ変わることができると信じられていました。

また、バラモン教では死後7日置きに7回法要が行われており、これが中国を経て日本に伝わり、今のような忌日法要の形となっていったのです。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket