お焼香のマナーは大丈夫?作法や順番などよくある疑問にお答えします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

お焼香は、マナーを教わらずにいきなり本番になってしまうことが多く、けっこう緊張するものです。

静かな式場で読経が響く中、参列者が居並ぶ前でお焼香をするのですから、間違ったら恥ずかしいですよね。

 

その場で聞くことは難しいので、いざという時のためにお焼香のマナーは、知っておくにこしたことはありません。

この記事で正しいお焼香の作法や順番、宗派によるやり方の違いなどをしっかり理解してから、葬儀に臨みましょう。

 

— この記事の目次 —

1.お焼香の基本の意味を押さえておきましょう

2.お焼香の手順は必ず覚えておきましょう

3.もう迷わない!お焼香の順番

4.式場別焼香の作法はこれでOK!失礼のないお焼香の作法とは?

5. お焼香の作法は故人と自分の宗派、どちらに合わせる?

6.故人の自宅へ弔問したときのお焼香のマナーは?

7.仏教以外の葬儀でお焼香に相当するものは?

8.まとめ

1.お焼香の基本の意味を押さえておきましょう

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

お焼香というと、ただなんとなく意味も分からずやっている人も少なからずいらっしゃると思います。

しかしお焼香には古い歴史があり、日本では飛鳥時代にも遡るのです。

 

ここではお焼香の由来や意味についてお伝えしていこうと思います。

長い歴史を持ち、仏教とは切っても切れないお焼香について深く知ることで、よりいっそう気持ちを込めることができるのではないでしょうか。

 

1.1 お焼香は死者の弔いや浄めの意味がある

お焼香は、香木の産地であるインドにあった習慣で、仏教が広まったときに取り入れられたものです。

お焼香には死者を弔う供養の意味合いと、場や人を清浄にし、心や体の穢れを取り除くという意味があります。

また、極楽浄土にはふくいくたる良い香りがたちこめていると考えられていますので、それになぞらえたという解釈もあるようです。

 

他にも、香によって死者の死後の幸福を祈る気持ちを届ける、香りが広がるように仏の教えが広がるなどの意味があるとも言われています。

葬儀で置かれる香炉には、右に抹香(粉末状または荒刻みのお香)、左側に灰があり、その上の焼香炭に火がついています。

一般的には、葬儀のお焼香と言えばこの香炉を使ったものを指し、お線香はあまり使われていません。

 

1.2 遺体のにおい消しや虫よけの役割も

お焼香のルーツであるインドは気候も暑く、昔はドライアイスやエアコンがなく、保存技術も乏しかったことから、遺体の腐敗による悪臭はひどかったものと思われます。

お焼香は前述したような霊的・仏教的な意味だけではなく、葬儀の際の臭い消しとしての役割もあったのです。

 

1.3 お焼香は1回?3回?それぞれの意味とは

お焼香の回数は、仏教の宗派によって変わってきます。

また、回数自体にも意味があるのです。

 

1回…一心に故人を思い、冥福を祈ること

2回…戒と定の2つの教えにより、自らの修行を目的とする

3回…貪・瞑・痴(とん・じん・ち)の三毒を焼香することで綺麗に退治すること、三宝(仏・法・僧)に献上するという意味、三業(身・口・意)を浄化するという意味などがある

 

1回目は特に説明の必要はないでしょう。

2回目は、仏教の教えの戒律と定心に基づいています。

戒律とは、悪い習慣をなくし善行を修めることで、定心は精神の安定を目的とする修行です。

つまり2回目の焼香は、お焼香をする人の修行になっているんですね。

 

3回目はむさぼる、怒る、愚痴るの三毒と呼ばれる煩悩や三業を焼き尽くすために行われます。

また、三宝、つまり仏様と仏の教えや僧に捧げるというのも修行の一環と言えますね。

これはお焼香する人の執着心を取り除き、三宝に帰依することを表しているのです。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket