お焼香とは?歴史や意味を知りながら楽しくお作法やマナーを覚えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

お焼香とはどのような理由で行われているのかをご存知ですか?

お通夜や葬儀に参列すると当たり前のように行われるお焼香にもちゃんとした意味があるのです。

 

そこで今回は、お焼香で役立つ知識はもちろんのこと宗派によって違うお作法などをご紹介していきます。

難しく思われがちなマナーもお作法も歴史を知りながら楽しく覚えていきましょう。

 

もしものときは突然訪れるものです。

そのときに慌てないためにも、日頃皆さんが「こんなときはどうしたらいいの?」という「疑問」や「困った!」はここで解決してくださいね。

 

— この記事の目次 —

1.お焼香とは?お焼香を詳しく知ろう

2.お焼香のお作法とは?3種類のやり方をチェック!

3.意外と知らない!宗派によって違うお焼香とは?【前編】

4.意外と知らない!宗派によって違うお焼香とは?【後編】

5.お焼香に関する知っておきたいマナー3選

6.知りたい!!お焼香で役立つ豆知識とは?

7.お焼香の「困った!」はここで解決

まとめ

1.お焼香とは?お焼香を詳しく知ろう

出典元:http://www.irasutoya.com/

 

お焼香とは、通夜や葬儀・告別式などといった場で行われる宗教儀礼ですが、お焼香にはどのような意味があるのかやその歴史についてはご存知でしょうか。

 

お焼香の意味や歴史を知ることで、お焼香がぐっと身近に感じられるようになりますよ。

また、ここではお香についても詳しく説明していきます。

 

1-1.お焼香には意味がある

お焼香には、4つの意味があるといわれています。

 

・お香を薫じる(くんじる)ことで仏様に敬意を払う

仏様へお香を差し上げることで供養するのですが、私の粗末なお香ではありますがという気持ちを持つことで、仏様に敬意を表しているのです。

 

・身や心を清める

仏様は清浄な存在であるため、お香で自分の身や心を清めて仏様の前に座るのです。

 

・仏様の慈悲

お香から立ち上る煙や香りが極楽世界を思い起こさせるといわれています。

お香のよい香りは一ヵ所に留まらず、空間の隅々にまで広がることから、差別や区別をすることなく全ての人に行き渡る仏様の慈悲を表しているのです。

 

・悟りの教えをいただく

いくらよい香りのお香であっても時間が経てば燃え尽きて灰になってしまうことから、いずれ人は消えゆくという様子を表していて、仏様にわが身の無常を悟るよう教えていただくのです。

 

1-2.お焼香の始まりはインドだった!

お香の始まりはインドであるといわれています。

お釈迦様の時代にはすでにお香は用いられていたとされていて、お香の歴史は仏教で利用されるようになるよりももっと前からインドで親しまれていたのです。

 

では、何故お釈迦様はお香を仏教に取り入れたのでしょうか。

それは、体臭を消すことや遺体の腐敗臭を消すためであるといわれています。

 

考えてみれば、その時代にはエアコンなどいった空調はなく、しかもインドという暑い国で臭い問題は切実だったことでしょう。

お釈迦様も臭いが気になって説法を伝えるどころではなかったのかもしれませんね。

 

このようなお香にまつわる昔話を知ることで、お焼香に対してなんとなく苦手意識を持っている方も親しみが湧いて、楽しく覚えられるような気がしませんか?

 

1-3.お香は全部で4種類

お焼香の際などに用いられるお香には4種類あって、それぞれ用途や形状、材料などが異なります。

どのような場合にどのお香が使われるのか見ていきましょう。

 

・抹香(まっこう)

抹香はお焼香や焼香を焚くための火種として使われています。

樒(しきみ)の葉や樹皮や栴檀(せんだん)、沈香(じんこう)を乾燥して砕いたものが材料となっています。

 

・焼香(しょうこう)

焼香も通夜や葬儀などで行われるお焼香に使われるお香となります。

白檀(びゃくだん)・沈香(じんこう)・グローブ・鬱金(うこん)・龍脳(りゅうのう)の5種類のうちいくつかを砕いて混ぜたものが材料となっています。

 

混ぜるお香の種類の数によって、五種香・七種香・十種香と呼ばれています。

 

・線香(せんこう)

線香は一般家庭にある仏壇やお墓参りで使用する棒状のお香です。

私たちにとっては一番なじみ深いと感じるがこの線香になると思います。

 

よく使われる線香として代表的なものは「杉線香」と「匂い線香」となります。

杉線香は、材料に杉の葉が使われていて、大量の煙が発生するのが特徴です。

お墓参りの際など、屋外で使用するのに向いているのが、杉線香となります。

 

匂い線香は、材料に椨(たぶ)の樹皮に香木や香料などを合わせたものが使われています。

杉線香と違い、煙が少なくよい香りが特徴で、自宅など屋内で使用するのに向いています。

匂い線香は種類がとても豊富で、最近ではお菓子の香りの線香なども売られています。

 

・塗香(ずこう)

塗香は昔から修行僧が体に塗ることで邪気を払ったり、浄めたりする目的で使われているお香です。

材料には、シナモン・グローブ・鬱金(うこん)などが使われています。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket