神道での葬儀をやる場合、実際に知っておいた方がいい6つの知識!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

神道の葬儀に参列するとなると、神道とは何なのか、仏式の葬儀とはどう違うのか、守るべきマナーは何なのかなど、次々にわからないことが出てきて戸惑いがちですよね。

かといって準備にかけられる時間は限られていますし、あまり悩んでいる余裕もないのが余計に悩ましいところです。

 

しかしそれらはこのページを読んであらかじめ知識を得ることで解決することができます。

 

これから、「神道についてや、神式・仏式の葬儀の違いや、神道の葬儀に関するマナーや、神道の葬儀にかかる費用、神道の葬儀の流れ、神道の葬儀後、お墓はどうすればいいか」などを、丁寧に説明して行こうと思います。

 

このページをしっかりと読むことで、神道の葬儀に関する細かなことから主な流れ、マナーなどを深く知っていくことができます。

是非とも、神道の葬儀についての知識を深めていただきたいと思います。

 

— この記事の目次 —

1神道について

2ここが違う、神式葬儀と仏式葬儀

3神道の葬儀に関するマナー

4神道の葬儀の費用、どのくらいかかる?

5神道の葬儀のお墓について

6【番外編:神道について、より深く知ってみよう!】

7まとめ

1神道について

出典元:http://www.ashinari.com/2014/08/22-390010.php

 

神道について、普段からよく聞いたり生活の中に深く根付いていたりして無意識のうちに知っていることはあるかもしれませんが、あらためて神道とは何かと問われると、どう答えていいかよくわからないことがあると思います。

 

「日本人は無宗教だ」と外国の方から言われがちなのは、神道的な物事の説明を意識立てて論理的に説明することが難しいからです。

聞かれたら誰にでも説明ができるように、これから説明をしていきます。

 

1-1神道とは?

神道とは、日本民族固有の神々への信仰、信頼を有する生き方です。

 

縄文時代からの自然崇拝や精霊信仰などから発生し、現代まで続く民族宗教であり、日本人の生活文化のすべてに浸透しており、しかも外来の文化を受け入れて深く和していくという力を有しているものです。

 

1-2とても密接、神道と日本人の日常生活!

日本人は、お盆もお正月もクリスマスもハロウィンもバレンタインもイースターも、等しく受け入れて楽しみます。

 

仏教徒であっても、正月に初詣に行くことはなんのタブーもありません。

お盆とハロウィンは、仏教とキリスト教との差こそあれ、どちらも死者に関する祭礼であるのに、両方を行ってもよかったりと、かなりの自由さ、柔軟さがあります。

 

このような柔軟さ、様々なものとの共存ができるのも、日本人の精神の根底にさまざまなものを広く認め受け入れて馴染ませる、神道の考え方が深く根付いているからなのです。

 

1-3日本人の死生観

神道は日本人の生活の中での自然崇拝や精霊信仰、先祖崇拝の中から生まれてきたものですので、仏教やキリスト教と違って開祖がいるわけでもなく、教義や経典があったり、論理的に体系化されているわけではありません。

 

ですから、神社によって、地方によって、さらには斎主となる神職によって、葬儀の進め方が異なることがあります。

 

仏教の多くは、この世ではない「あの世」を想定して、その仏国土に死者を仏弟子として送り出すのがもともとの役目でした。

 

神道にも「黄泉の国」という概念がありますが、それらはあくまでも概念であり、同じ神道を信じる人たちの中でも、人はもともと存在の根拠や意味などには関知する必要はなく、神の御心のままに操作されている人形なのであり、したがって死の恐怖や不安はないとし、あの世にまったく期待を寄せない本居宣長のような人もいます。

 

かと思えば真逆に、霊魂は不滅で幽冥界に在り続け、死後にも現世の人と祭りなどを通して交流ができるという平田篤胤のような人もいて、考え方はそれぞれに異なり、自由です。

 

日本人の死生観というのは、つまりは、「人は死ぬと神になる」という考え方です。

住んでいる地域が山か、町か、海かによっても違いが生じてきますが、日本人の死生観の中心は人の魂は死ぬと山に留まる、という信仰です。

 

林業の盛んな町では、人が死ぬと山に土葬にしてそこに杉を植え、卒塔婆を立てます。

33回忌を済ませるとその卒塔婆は倒されます。

なぜならばもうすでに、その人の魂は昇華されて村の神となって子孫の生活を見守ってくださる存在であるからです。

 

海に還る場合の信仰としては、沖縄や奄美諸島に伝わるニライカナイ信仰などが有名です。

ニライカナイとは聞き覚えのあまりないものだと思いますので説明をします。

それは、遥かな東の海の彼方のどこかにあるとされる異界のことです。

 

豊かさや生命の源でもあり、神の世界でもあります。

年の初めにはニライカナイから神様がやって来て、年の終わりにニライカナイへ帰ると信じられており、生者の魂もニライカナイから来て、死者の魂はニライカナイへ去ると考えられています。

 

沖縄では死者の魂は死後7代して親族の守護神となるという考えが信仰されており、ニライカナイとはまた、祖先の霊が一族の守護神へと生まれ変わる場所でもあるようです。

 

山と海の違いはあれど、どちらも自分が主な生活の場としているところから生じてまたそこに還ってゆくという点においては共通するものがあります。

 

緩やかにめぐりゆくいのちの輪廻は、大自然と良く融け合っています。

四季の恵み豊かな日本で育った考え方であると言えるでしょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket