お供え物にお悩みの方必見!喜ばれる実用的なお供え物を徹底攻略!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

1.お供え物とは一体何?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

お供え物というと皆さん何をイメージしますか?

多くの方は、仏壇や墓前に供えるもののことをイメージすると思います。

中には、悪魔的儀式の生贄をイメージする人もいるかもしれません。

 

今回は多くの方がイメージする仏壇や墓前に供えるものとしてのお供え物について解説していきます。

まずは、お供え物とはいったいどのようなものなのかということから始めていきます。

 

1.1.お供え物とは一般的に仏壇や墓前に供えるもの

一般的にお供え物といった場合、仏壇や墓前に供えるもののことを指しますが、これは基本的に仏教としてのお供え物となります。

 

日本の仏教でのお供え物をする意味は、古来からの日本の伝統と融合しており、仏様や先祖への信仰を表現することで、悟りの境地へ近づくためであったり、先祖供養のためであったりします。

 

お供え物をする場である仏壇自体も、本尊である仏様を祀り信仰するためのものであると同時に、先祖を祀り供養するためという2つの意味合いを持っています。

ただ、浄土真宗などは、教義上先祖供養はしないというのが本来の教えです。

しかし、一般の家では浄土真宗でも仏壇を先祖供養の場としている場合が多いと思います。

 

仏教的なお供え物は、五供と呼ばれ、後ほど詳しく説明しますが、香、花、灯燭、浄水、飲食の5種類が、基本となります。

 

1.2.神道でのお供え物とは

日本古来からの宗教として神道があります。

今回は仏壇や墓前に供える仏教的なお供え物の解説が中心ですが、ここで神道のお供え物についても少し見ていきたいと思います。

 

神道でのお供え物は、酒、米、野菜、果物などの飲食物が中心で他に特徴的なものとして、仏教では供えない青魚や、榊の枝に紙や木綿をつけた玉串などがあります。

他にお正月の鏡餅なども、皆さんお供えしているのではないでしょうか?

 

万物に神が宿る日本の神道では、あらゆる物がお供え物になりますが、特に山、海、川から採れたものや、栽培したものを、五穀豊穣などを願い供えられました。

 

1.3.その他の宗教でのお供え物について

その他の宗教の代表例としてキリスト教を挙げると、キリスト教では宗教儀式であるミサにおいて、パンとぶどう酒をお供えします。

 

パンはキリストの肉に、ぶどう酒はキリストの血になるとされ、キリストの復活を願う儀式でした。

 

このように様々な宗教で神や仏に供えるためのお供え物という文化が存在することがわかります。

先祖供養や五穀豊穣など種類はたくさんありますが、神仏への願いをする際に、その対価として神仏へ物を献上することがお供え物と言えるかと思います。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket