お供え物にお悩みの方必見!喜ばれる実用的なお供え物を徹底攻略!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

3.仏教的お供え物である五供とは?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

仏教的なお供え物である五供は、お香を焚く「香」、お花を飾る「花」、灯をともす「灯燭」、お水を供える「浄水」、食べ物を供える「飲食」の5つです。

お供え物をする際は、基本この5つのカテゴリーの中から、相応しくないものを避けて選ぶことになります。

それでは、それぞれどういったものなのか、聞きなれないものもあると思いますので、詳しく解説していきます。

 

3.1.香りをお供えする「香」

仏教では、お線香やお香を焚くことで、身や心、空間を清浄にすることができると言われています。

仏様へ香りを供えることで、自分自身を清らかにし、仏様の悟りの境地へと近づきたいという願いが込められたお供えものです。

 

また、お線香の煙は、極楽浄土へと繋がっているとも言われ、特に四十九日までのお供え物として、よく使われます。

他にも、お香の香りは部屋のすみずみまで行き渡ることから、すべてのものに平等に接するという仏様の心が表されているとも言われています。

 

3.2.お花をお供えする「花」

仏教における花は、自然の中で清浄に咲くその姿を人間の精神に置き換えられます。

自然の厳しい環境の中で咲く姿からは、人間が世の中で悟りを得るために耐え忍ぶ姿を連想させ、また、土からきれいに咲く姿からは、苦難に満ちた人間の世界でも清い心であるということを連想させたりするようです。

 

ですので、花を供える時は、生花が良いとされ、造花は避けます。

また、清浄な心、耐え忍ぶ心を表す花なので、派手すぎる花や、毒々しい花、匂いのきつすぎる花、とげのある花なども避けます。

 

3.3.灯りをお供えする「灯燭」

灯燭とは、灯りや炎のことを指します。

仏壇の中を見てみると、灯篭というものがぶら下がっていたりすると思います。

この中には電気で灯りが灯されます。(昔はローソクや油などで灯りをともしました。)

また、仏壇の手前ではローソクを灯します。

 

これらの灯りは、仏壇の中を照らすことで、人の煩悩や精神の負の部分を照らしだし、それらを取り除くことができると言われています。

 

3.4.お水をお供えする「浄水」

浄水とは、キッチンにある水を浄化する浄水器とかではなく、水により人間の心を浄化するという意味の浄水です。

また、浄土真宗などでは、極楽浄土には、「八功徳水」という八つの功徳を備えた水があるので水を供える必要はないと言われています。

いずれにせよ、仏様や先祖がのどを潤すための水ではないようです。

 

3.5.食べ物をお供えする「飲食」

飲食は、おんじきと読み、食べ物を供えることです。

私たちが食べているものと同じものを供えることで仏様やご先祖様とつながることができると言われています。

ですので、私たちが食べるのと同じ状態、つまり温かいものは温かいまま、袋に入っている物は開封して供えるのが良いとされます。

 

このように、仏教のお供え物である五供には、仏様や先祖とつながり、仏教への信仰や先祖供養の心を表し、また自身の心をきれいにし、悟りへ至るためのものであるということがわかります。

 

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket