お供え物にお悩みの方必見!喜ばれる実用的なお供え物を徹底攻略!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

6.お線香や食べ物などの定番のお供え物以外を贈りたい時は

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

6.1.お線香は他の人とかぶるかなと思う時は蝋燭もおススメ

お線香はお供え物の定番ですが、他の方とかぶる可能性も高くなります。

そんな時には、ローソクを贈るという方法もあります。

 

お線香とローソクのセットとなった進物用もありますし、ローソクだけの進物用もあります。

ローソクも一般的に販売されているパラフィンの白いローソク以外にも、ハゼの実を使った和ろうそくや、蜜蝋を使った少し黄色いローソク、また絵柄の入ったローソクなどもあります。

これらのローソクを普段買われる方は限られているので、お供え物として少し変わったものを贈りたいときに最適なものと言えます。

 

6.2.お供え物の定番のようで意外と少ないお花という選択肢

お盆や法事にお花をお供え物として贈る方は少ないと思います。

しかし、お葬式の時などに供花といって、お花をお供え物として贈ることは一般的です。

つまり、お盆や法事にもお花をお供え物にしてもいいのですが、その選択肢が忘れられているということなのです。

 

お花をお供え物にする際には、五供でも説明したように造花ではなく生花が良いとされています。

また、派手すぎる花や、毒々しい花、匂いのきつすぎる花、とげのある花なども避けます。

近年は一応生花の水分を抜き長期保存のできるブリザーブドフラワーというものもあります。

地域によっては花だけでなく、高野槇なども仏壇やお墓に供える地域があるので、そのような地域ではそういったものをお供え物とするのも喜ばれます。

 

6.3.現金を贈る場合は

現金をお供え物とする場合は、相場は5,000円か10,000円と言われています。

どんなお供え物をしたらよいか迷う場合など、意外と現金を贈る場合もよくあるようです。

 

四十九日の前に現金をお送る場合は、お供え物というよりも香典となります。

四十九日後に現金をお供え物として贈る場合は、黒白の水引、関西では黄色と白の水引の袋に入れ、表書きは「御仏前」「御供」「御供物料」などと記すと良いとされます。

 

郵送する場合は、現金書留で一言でも手紙を添えて送ってください。

持参する場合は、袋を弔事用のふくさで包んで持って行ってください。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket