葬儀に花を手配する人は必読!4つの花の違いとマナーを総まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

葬儀では会場の入り口や会場内に花が飾られています。

また祭壇には親族や親戚一同と書かれた名札のついた花が両側におかれているのが一般的な飾り付けです。

 

こうした葬儀の花は、だれがいつおくるものなのでしょうか?

自分が葬儀に参列する際には、花をおくった方が良いのかどうかも心配になります。

 

葬儀に関係する花は「枕花」、「供花」、「花輪」、「献花」の4つに分類することができます。

これらの花についてしっかり知っておかないと、気が付かないままマナー違反をしてしまうことにもなりかねません。

 

そこで葬儀に手配する4つの花の違いをマナーも加えて詳しく説明します。

この記事を読んでいただければ適切な花の手配ができるようになります。

 

— この記事の目次 —

1. そもそも葬儀に花を手配するのはなぜ?

2. 「枕花」は葬儀の前に手配するもの

3. 葬儀に手配する花の主役が「供花」

4. 葬儀の花で一番目立つのが「花輪」

5. もう一つの葬儀に関係する花は「献花」

6. 葬儀に手配する花の名札のマナーとは

7. 葬儀に手配する花について知っておきたい3つのマナー

8. まとめ

1. そもそも葬儀に花を手配するのはなぜ?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

葬儀では、大小さまざまな花が会場入り口をはじめ色々な場所に飾られているのを目にします。

また祭壇に花をお供えしたりすることもあります。

こうした葬儀の花は、だれがいつどんな花を手配するものなのでしょうか?

 

1-1.どうして葬儀に花が要るの?

現代の葬儀のように花を飾ることになったのはいつの時代からかといった歴史的経緯については諸説あります。

例えば、釈尊の臨終の際に天から宝花が舞い降りてきたという故事に倣って花を飾るようになったという説もあります。

 

現在では、故人の冥福を祈る気持ちを花に託し、葬儀会場を花で飾るという側面が大きくなっています。

葬儀会場入り口や会場内に花をたくさん飾りつけると、葬儀を荘厳な心持ちでおこなうのに相応しい雰囲気を醸し出すことができます。

 

祭壇の両側におくった人の名前が書かれた花がおかれると、故人の遺影も関係者に囲まれているようでさみしく感じることがなくなります。

多くの花で飾ることによって、悲しみにくれている遺族にとっても慰めにすることができます。

 

1-2.花をおくらなければマナー違反になる、ならない?

葬儀に花を飾ること自体については特別な決まりごとはありません。

誰でも花をおくることができますし、おくらなかったといってもマナー違反とは言えません。

ただし故人から世話を受けたり、親交があったりした場合は心を込めた花を手配した方が良いでしょう。

 

また、葬儀に参列できなかった人が、香典の代わりとして花を手配することもあります。

さらに遺族から香典を辞退された場合に、香典の代わりとして花を手配することもあります。

 

1-3.葬儀に手配する4つの花の種類とはどんなもの?

葬儀に手配する花には以下の4つの種類があります。

「枕花」

故人の枕元に飾る花です。

「供花」

葬儀の際に会場に飾る花です。

「花輪」

葬儀会場入り口などに飾る花です。

「献花」

故人に一本一本供える花です。

 

葬儀の花については、基本的に白色か淡い色の花を使ったものが手配されます。

最近では慣習にとらわれず故人の好みなどを尊重した花が手配されるケースも見られるようになってきました。

しかし地域や宗教によってもマナーがありますので、手配する花の種類には注意する必要があります。

 

それでは以下に「枕花」、「供花」、「花輪」、「献花」について個々に詳しく説明していきます。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket