葬儀に花は欠かせない!花の種類から処分方法まで基礎知識をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

葬儀の際、お花は欠かせません。

故人と最後のお別れをする葬儀を、たくさんの花が彩ってくれていれば、喪主やご遺族だけではなく、きっと故人も喜んでくださることでしょう。

 

ここでは、供花と枕花の違いや、宗教ごとに異なる花の種類、花を贈る側といただく側がどのようにすれば良いのかなど、葬儀に関する花について簡単にご説明し、主に「供花」について詳しくご説明をします。

 

また、日本人があまり馴染みのない「献花」の手順についてもご説明していますので、初めてキリスト教の葬儀に参列する際などに参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.葬儀に関する花はこんなに種類がある

2.葬儀のとき供花を贈る側はどうすれば良いのか教えて!

3.葬儀で贈る供花は、宗教ごとに異なります

4.葬儀のとき供花をいただいたらどうすれば良いのか教えて!

5.葬儀が終わったら、供花はどうするの?

6.キリスト教の献花は3つの手順を覚えておこう!

7.まとめ

1.葬儀に関する花はこんなに種類がある

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

ひとことで「花」と言っても、葬儀に関するものは「供花」「枕花」「花環」「献花」「花祭壇」「お花代」などいろいろな種類があります。

ここでは、それぞれがどういうものなのか簡単に説明していきます。

 

1.1供花と枕花はどう違うのか

まず読み方ですが「供花(きょうか・くげ)」「枕花(まくらばな)」です。

 

供花(くげ)は「供華」と書くこともあり、仏教の専門用語です。

数え方は、ひとつの場合は「一基(いっき)」、ふたつを1セットの場合は「一対(いっつい)」です。

 

供花も枕花も、故人の冥福を祈る気持ちや、哀悼の意を表現するための生花ですが、飾る場所が異なります。

供花は葬儀会場に飾り、枕花は故人を安置している時から故人の枕元に飾ります。

 

供花については、このあと詳しくご説明いたしますので、枕花について少し触れておきます。

 

枕花は基本的に故人を安置しているときから枕元に飾る物なので、ご自宅に安置する場合は、ご自宅に届くよう手配をしたほうが良い場合があります。

手配する場合は、手配先などをご遺族に確認をしておきましょう。

 

故人が亡くなってからすぐに手配することがほとんどですので、故人とごく親しかった人やご遺族が枕花を贈ります。

故人とごく親しかった友人や知人ならば枕花を、そこまでではないけれど親しかった人ならば供花を贈るようにすると良いでしょう。

 

一般的に枕花には名札は付けませんが、地域によっては名札を付けることもあり、最近はメッセージカードを添えることもあるようです。

 

また、枕花は故人のご遺体に添えるように枕元に置くことが一般的で、ご遺体を安置してから葬儀が終わるまで飾ります。

ご自宅で一晩過ごした後、お通夜をしたりする場合は、葬儀会場へ行く時に枕花も一緒に持って行きます。

ただし、中にはそのままご自宅に置いていくこともあります。

 

枕花は白を基調としたものが多く、白い花を選ぶと無難といわれています。

トゲのある花や、血を連想する赤い花は避けるべきといわれていますが、最近は故人が好きだった花を贈る人も増えているそうです。

 

枕花の相場は、一基5,000円~10,000円、一対10,000円~20,000円です。

昔は一対で贈ることが一般的でしたが、スペースの問題もあり一基で贈ることも増えています。

地域やご家庭で異なりますので事前に確認すると良いでしょう。

 

枕花をいただいた場合のお礼は、供花と同じですので、供花の項目でご説明いたします。

 

枕花とよく混同されるものに「枕飾り」があります。

故人のご遺体をご自宅などに安置する際に設置する、供養のための供物台を枕飾りといいます。

 

枕飾りには仏具を置き、一輪挿しの花をお供えするのですが、この一輪挿しを「一本花(いっぽんばな)」といい、枕花と混同してしまっている人が多いようです。

一本花は、樒(しきみ)という白い花を咲かせる常緑樹を飾ることが多く「一本樒(いっぽんしきみ)」ともいいます。

一本花を準備するのは喪主やご遺族なので、故人と親しいからといって友人や知人が一本花を贈ることはありません。

 

1.2花環は葬儀会場には入れないの?

読み方は「花環(はなわ)」です。

花環の数え方は「一本(いっぽん)」「一基(いっき)」「一輪(いちりん)」と複数ありますが、一般的に「一基」と数えることが多いようです。

地域によっては花環2つを1セットとして贈るのが基本ということもあり、その場合は数えるときは「一対(いっつい)」となります。

 

花環は、慶事で贈られている華やかなものを街中で目にすることもあると思いますが、弔事でも贈られます。

弔事の花環は白と黒を基調として作られており、一般的に個人で贈ることは少なく、団体や会社関係が贈ります。

 

花環は供花と同じように故人の冥福を祈る気持ちや、哀悼の意を表現するために贈りますが、供花のように生花ではなく造花で、地域や葬儀会場によっては禁止している場合があります。

禁止されている大きな理由のひとつが、花環の飾る場所が屋外ということです。

 

花環は大きなものなので葬儀会場の中には飾らず、葬儀会場の外に飾ることが一般的です。

葬儀会場の出入り口に近いところから、故人と縁が深い順に並べて行きます。

 

そのため飾るスペースを確保できなかったり、安全面の不安があったり、外観の問題などで花環を禁止することがあるようです。

花環を贈る際には、花環を贈っても良いかどうか、葬儀会場や葬儀会社に確認をしておきましょう。

 

場合によっては、葬儀会場や葬儀会社と提携している業者しか花環を設置できなかったり、そもそも花環の設置が禁止されていたりすることもありますので、必ず手配をする前に確認をしておくと良いでしょう。

 

花環の相場は、1基が10,000円~15,000円程度です。

贈る際には、お通夜や葬儀・告別式が始まる数時間前には設置が完了するよう手配します。

 

花環をいただいた場合のお礼は、供花と同じですので、供花の項目でご説明いたします。

 

1.3献花はキリスト教だけなの?

読み方は「献花(けんか)」です。

故人とのお別れや記念のために、参列者が祭壇に花を供えることを「献花」といいます。

 

最近は仏教でも献花をするケースがあるようですが、一般的にはキリスト教の葬儀や無宗教の葬儀で行われます。

仏教のお焼香と同じようなもので、ひとりが1本の花を持ち、順番に祭壇に置いていきます。

 

献花の花は、菊やカーネーションのように茎が長く、白い花と決められています。

献花は喪主、ご遺族、親族、参列者の順番で行います。

 

献花を準備するのは喪主ですので、参列者が自分で持って行く必要はありません。

献花の仕方については後程詳しくご説明いたします。

 

1.4花祭壇は喪主が準備するもの?

読み方は「花祭壇(はなさいだん)」です。

 

葬儀では祭壇に故人の遺影や花などを飾りますが、少し前までは「白木祭壇(しらきさいだん)」が一般的でした。

白木祭壇は、白木で作られた祭壇のことで、白木をひな壇のように組み、そこに遺影や位牌などを置く、昔ながらの祭壇です。

 

花祭壇は最近増えてきており、生花で祭壇を作り、そこに遺影や位牌などを置きます。

花祭壇は祭壇のことですので、参列者が花を贈るのではなく、喪主が準備をするものです。

 

故人が好きだった花をふんだんに使ったり、故人をイメージした配色にしたり、いろいろなアレンジができるので、白木祭壇よりも自由に作り上げることができます。

 

1.5お花代は生花ではなく現金ということ

読み方は「お花代(おはなだい)」です。

 

お花代には二つの意味があります。

ひとつめは、供花の費用としてお渡しすることで、ふたつめは、葬儀・告別式が終わってから訃報を知った際に御香典の代わりとしてお渡しすることで、どちらも生花ではなく現金をお渡しすることになります。

 

お通夜や葬儀・告別式に参列する際に持参する御香典とは別のものとなりますので、参列の際には御香典を忘れずにお渡しします。

お花代の相場は15,000円~20,000円程度です。

 

一般的には御香典は香典袋に、お花代は香典袋か白無地の封筒に「お花代」と書き、別々にお渡ししますが、親族間のルールなどで同じ封筒でも良い場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

お花代は供花と同じものと考えますので、お礼の仕方などは供花の項目でご紹介いたします。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket