葬儀に花は欠かせない!花の種類から処分方法まで基礎知識をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

4.葬儀のとき供花をいただいたらどうすれば良いのか教えて!

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

4.1供花の並べ方には決まりがある

葬儀会場に届いた供花を、届いた順番に並べて行くわけにはいきません。

祭壇に最も近い場所が、故人と最も縁の深い人から贈られた供花で、離れるにしたがって縁が離れて行くように並べます。

祭壇に最も近い場所に喪主やご遺族・親族などの近親者、その次は故人が親しくしていた友人や知人、その次は会社関係となります。

 

しかし、故人と縁の深い人からきっちりと順番を守って並べて行くと、祭壇とのバランス、葬儀会場全体のバランスが悪くなってしまいますので、臨機応変にバランスを考えながら並べて行きます。

 

4.2喪主だけで考えず葬儀会社とも相談を!

供花の並べ方は基本的に喪主の指示で行いますが、故人との関係やバランスを考えながら喪主だけで並べて行くのはとても大変です。

喪主ひとりですべてを考えるのではなく、葬儀会社の担当者とも相談をして進めて行くとスムーズに行えます。

 

葬儀会社はプロですから、全体のバランスを見て並べる順番を失礼のないように入れ替えたり、すべてを並べ終えてから届いた供花を良い位置に配置したりすることも慣れていますので、安心して相談をしてください。

 

4.3お礼やお返しはどのタイミングでどういうことをすれば良い?

供花には必ず送り状が添えられていますので、贈り主の住所や氏名などを忘れずに控えておきましょう。

 

供花は御香典とは異なり、故人へのお供えなのでお礼の品は必要ないといわれていますが、地域やご家庭によってはお礼の品が必要だというケースもあります。

事前に年配者や葬儀会社に相談しておくと良いでしょう。

 

お礼の品を贈る場合、いただいた供花の2分の1~3分の1程度の金額のものを選びますが、もともと供花はお礼の必要がないので、1,000円~3,000円程度のものを選ぶこともあるようです。

また、香典返しに供花のお礼を上乗せすることもあります。

 

例えば、御香典を30,000円いただき、20,000円相当の供花もいただいた場合、香典返しを15,000円、供花のお礼を10,000円としても良いのですが、香典返しを20,000円にするなどしてスッキリとまとめる場合があります。

 

お通夜や葬儀・告別式に参列せず供花だけいただいた場合

葬儀後、落ち着いたらお礼状を出します。

一般的に四十九日法要の前までにお礼状を出しますが、あまり遅くなると失礼ですので、葬儀後2週間~3週間程度でお礼状を出すことが多いようです。

 

お通夜や葬儀・告別式に参列し、さらに供花をいただいた場合

四十九日法要後に、香典返しを贈る際、供花のお礼状を添えるのが一般的です。

香典返しを贈るまでに時間がありますので、葬儀が終わって落ち着いたころに、供花のお礼の電話をしておくと良いでしょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket