葬儀に花は欠かせない!花の種類から処分方法まで基礎知識をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

5.葬儀が終わったら、供花はどうするの?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

5.1別れ花として棺に入れる

別れ花とは、出棺の際に棺に花を入れ故人と最後のお別れをする儀式のことで、供花を入れたり、故人が好きだった花を別に準備して入れたりすることもあります。

 

供花を入れる場合、葬儀会社の担当者が、飾られている供花から一輪ずつ抜き取り、籠やトレイなどに並べて準備をしてくれます。

一般的には親族や親しかった友人や知人だけで行いますが、一般の参列者が行うこともあります。

 

5.2供花は参列者に配ることもある

供花は故人に供えられたものなので、他人が持ち帰ってはいけないと考える人や、葬儀の花なので自宅に持ち帰るのは縁起が悪いと考える人、自宅に穢れを持ち込んでしまうと考える人などさまざまです。

 

一方で、葬儀で穢れを落とした供花は縁起が良いと考える人や、仏様に供えたありがたい花と考える人もいます。

さまざまな考え方があり、どれが正解と言い切ることはできませんが、供花を葬儀後どのようにするかは、地域の風習に従うと良いでしょう。

 

地域やご遺族の考え方によっては、供花を花束にして参列者に配ることがあります。

葬儀会社の担当者が花束を作ってくれることもあれば、参列者が自ら花を抜き取り持って帰ることもあります。

 

供花を持ち帰っても良い場合はそのように案内がありますし、持ち帰りやすいよう包装紙や袋を準備してくれることもあります。

持ち帰っても良いのか悩んだ場合は近くにいる葬儀会社の人に尋ねると良いでしょう。

 

持ち帰った供花は、綺麗に咲いている間は花瓶などに飾って故人を偲び、枯れたら可燃ごみとして処分しましょう。

 

5.3どうしても残ってしまったら捨てても良いの?

別れ花で棺に入れ、参列者にも持ち帰ってもらい、自分たち親族も持ち帰ったけれど、それでも供花が残ってしまった場合は処分することになります。

 

供花は名札がついていますし、容器やオアシスなども処分に困りますよね。

容器やオアシスなどは供花を配達してきた業者が回収することがほとんどで、業者によっては残った花も回収してくれます。

葬儀会場でまとめて処分してくれることもありますし、悩んだ場合は迷わず葬儀会社の担当者に相談してみましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket