葬儀の花輪の手配や値段とマナー、3大疑問、代替手段を総まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

4. 花輪と供花は同じか違うのか?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

最近の葬儀では花輪より供花の方を使われることが多くなっています。

花輪と供花とは同じものなのでしょうか?

違うとしたら、花輪と供花の違いはどこにあるのでしょうか?

 

4-1.そもそも供花とは?

「供花」とは、故人に供える花のことです。

故人の霊を慰めると同時に、祭壇・会場を飾りつける意味もあります。

 

供花は花輪と違って歴史は古いのですが、起源についてはハッキリとしていません。

釈尊が亡くなられた際に、天から宝花を降らせて釈尊の供養をしたということから供花を供えるようになったという説もあります。

 

4-2.現在の供花にはこんなに種類がある?

現在の葬儀に用いられる供花には様々な種類がありますが、主流は以下の3種類となります。

花籠:生花を籠盛にしたもの

フラワーアレンジメント:花籠サイズから大型サイズまであり、生花を盛りつけたもの

フラワースタンド:スタンドの上に生花を飾り付けたもの

 

また、供花では用いられる花の種類も多種多様になってきています。

最近ではバラを入れる花屋さんがありますが不快感を与えるリスクもあります。

供花の使う生花の選定には、十分に配慮することをお勧めします。

 

4-3.葬儀の花輪は供花と同じなのか?

意味合いからすると花輪と供花の意味合いはほぼ同じものといえます。

違いは素材と設置場所にあると言えます。

花輪は造花を用いて、葬儀会場の入り口や外部に飾ります。

供花は生花を用いて、祭壇や葬儀会場内部に飾ります。

 

もう一つの違いとして、花輪は1基でおくる場合がほとんどです。

供花の場合は1基の他に1対(2基で1組)でおくり、飾ることがあります。

1対というのは2基で祭壇を挟む形で設置する場合です。

 

なお、葬儀の花輪も供花も共通点として並べ方の決まりがあります。

故人と寄贈者とのつながりや関係の深い順に並べていきます。

花輪の場合は、葬儀会場から近い順になります。

供花の場合は祭壇の中央からの順になります。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket