遺族のマナー!知っておきたい葬儀の常識!!「返礼品」のあれこれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

葬儀に参列した際に、遺族の方から品物を渡されることがあるかと思いますが、その品物がどういった名前で、どのような意味があるものなのかご存知ですか?

自分が参列する側であれば知識がなくても困ることはないかもしれませんが、逆の立場だったらと考えると知識がないことに不安を感じる人も多いはずです。

葬儀会館などで葬儀を行う場合、通常は葬儀会館で用意をしてもらえる物ですが、知識がない故に相場よりも高い品物をすすめられてしまうかも!?

そのため、遺族は故人の冥福を祈ることだけでなく弔問客へのお礼の気持ちを伝えることも忘れてはいけません。

今回はそんなお礼の基本をご紹介。

もしもの時に余裕をもった大人の対応に努めることができるよう今から準備をしておきましょう。

— この記事の目次 —
1.葬儀返礼品とは??
2.知っておきたい返礼品の種類
3.返礼品の相場について
4.葬儀返礼品はどこで買えるのか
5.葬儀返礼品のお礼状について
6.葬儀返礼品に関するよくある質問
7.知っておきたい葬儀返礼品の豆知識
まとめ

1.葬儀返礼品とは??

出典元:http://katelynkaneracing.com/okuteki.php

葬儀返礼品とは、葬儀に参列してくださった方にお礼の気持ちとして、お礼状と一緒に渡す品物です。

お礼には種類があり、うっかり混同させてしまうと弔問客から非常識だと思われかねません。

 

今は昔ほど「きっちりと」という感じではありませんが、それでも基本を押さえておいて損はありません。

 

1-1.葬儀返礼品と香典返しの違い

出典元:http://www.ringbell.co.jp/kouden/content03.html

葬儀返礼品と香典返しの違いはご存知ですか?

どちらも返礼品なのですが、お礼の意味が違います。

 

・葬儀返礼品

葬儀に参列してくださった方全員にお渡しする返礼品です。

 

・香典返し

香典返しは、香典を包んでくださった方にお渡しする返礼品です。

香典返しを渡すタイミングとして一般的なのは、忌明け(49日)に渡す方法ですが、最近は当日にその場で渡す「即日返し(当日返し)」をされる方も増えています。

 

以上のことから、香典を持って葬儀に参列してくださった方には、葬儀返礼品と香典返し両方を返礼品としてお渡しする必要があります。

 

1-2.葬儀返礼品を渡すタイミング

葬儀返礼品を渡すタイミングは2パターンに分けられます。

どちらも一長一短です。受付の人数や品物のサイズによって決めるのが良いでしょう。

 

・受付の際に返礼品を渡してしまう

受付で返礼品を渡してしまえば、渡し漏れることはありませんが、用意しておいた返礼品が足りなくなってしまう可能性がありますし、参列者が返礼品を持って葬儀に臨まないといけないので、邪魔になってしまう可能性があります。

 

・受付で交換券を渡しておき、葬儀の帰りに返礼品と引き換えてもらう

帰り際に渡すので、葬儀の際に邪魔にらないというメリットがありますが、返礼品の渡し漏れる可能性があります。

 

1-3.返礼品の渡し方

返礼品はお礼状と一緒に渡しましょう。

通常は清めの塩も一緒に渡しますが、宗教によっては塩を添えない場合もありますので、注意してくださいね。

葬儀返礼品とお礼状は足りなくなって渡せなかったなどということがないよう余裕持った数を準備しておきましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket